レビトラジェネリックは海外通販で買える

レビトラジェネリックは海外通販で買える

最近あっちの調子が悪い、勃つ勢いが衰えて来た気がする、と感じる人には即効性が1番のレビトラジェネリックがオススメです。

現在の日本では、レビトラジェネリックを病院処方してもらうことはできません。ですが、個人輸入するか輸入代行業者による通販サイトを利用すれば、手軽に買うことができます。

先発薬レビトラと同じ効果であっても、後発薬であるレビトラジェネリックはとても安い値段で販売されています。さらにED改善のための診察費用や処方箋代、通院のための時間を節約することができるため、経済的な負担を抑えたい人にもピッタリです。

勃起の悩みは、お金も時間もかけずにレビトラジェネリックで解消しましょう。

レビトラジェネリック通販ならココ

15分で効果発現するレビトラジェネリック

  • 飲んでから最速15分で効く
  • 20mgの持続時間は最大10時間
  • バイアグラ並の勃起力
  • 軽い食事なら影響なし

先発薬レビトラは、ドイツのバイエル社が2003年に発売した世界で2番目のED治療薬で、食事の影響をあまり受けないことと、優れた即効性がその特徴です。

世界で最初のED治療薬バイアグラには欠点が存在しました。それが「食事から大きな影響を受けやすい」というもので、レビトラはこれを克服した画期的なED治療薬です。

バイアグラの分子構造と比較すると、レビトラのそれはより強い水溶性を示しています。故に高い即効性を持ち、空腹の状態で飲むと効果が20分ほどで出てきます。効果が持続する時間も比較的長く、20mg錠なら最長で10時間です。

臨床試験では「通常の食事のすぐ後に飲んでも、効果は空腹の状態で摂取した場合と同じ」という結果が出たと、製薬会社が発表しています。ですが「通常の食事」があくまで前提となりますので、確実に効果を得たいのなら空腹の状態で飲んだり、飲む前の食事量をほどほどにしましょう。

レビトラジェネリックのメリット

  • 先発薬よりも安く買える
  • 種類が豊富でいろいろな形状から選べる

レビトラの国際特許が有効になっているので、今の日本にはレビトラジェネリックがありません。ですが先発薬のレビトラは1錠あたり1,500~2,000円と、なかなか割高です。

さらに処方は医療機関限定で、量も必要最低限のみという実態があります。「先発薬と同様の薬効」を持ち、「安価」で「多くの形状から使い分けが可能」なジェネリック医薬品の需要が日本で高まった背景には、手に入れる手段が限定されていることがあると推測できます。

入手ルートと使用するための知識が正しいなら、レビトラと同じ効果で安く入手できるレビトラジェネリックが断然オススメです。

レビトラジェネリックの種類

タブレット型とゼリー型で飲みやすい「バリフ」

ED治療薬のバリフは、ひときわ高い知名度を誇るレビトラジェネリックです。製造・販売を行っているのはインドのアジャンタファーマ社で、主成分はレビトラと同様、バルデナフィルです。その知名度の高さには2つの理由が存在します。

まず1つ目が、メーカーのアジャンタファーマ社がジェネリック医薬品の分野において広く知られている企業である事です。バイアグラジェネリックのカマグラゴールド、シアリスジェネリックのタダリスSXといった、高い実績と評価を持ったED治療薬のジェネリック医薬品を製造・販売しています。

2つ目の理由が、ジェネリック医薬品の種類の多様さを強くアピールしている事です。バリフにはタブレット型とゼリー型の2つがあります。ゼリー型は値段が安く、7種類ものフレーバー(オレンジ・パイン・バナナ・ミント・イチゴ・バタースコッチ・カシス)があるので、薬が苦手な人でも飲みやすいというのがセールスポイントです。

バリフの口コミ

西田(40歳)
バイアグラより弱いと言われていて、確かにそう感じることもありますが、僕の場合は半分でもじゅうぶん効きます。現在40になりましたが、勃起力は20年ほど若返ります。案外効く時間も長いので朝まで楽しめます。

鈴木(39歳)
副作用が怖くて一粒を半分にしましたら なんの問題なく何回も勃起でき聞いてくれました。問題の副作用の方は頭痛、めまい、鼻づまりがありました。次回は4分の1にして試してみようと思います。

最長16時間の効果持続「ジェビトラ」

ジェビトラジェビトラを開発したのは、インドのサンライズレメディーズ社です。ED治療薬であり、薬効成分はレビトラと同様、バルデナフィルです。EDの原因となりうるPDE5の働きをバルデナフィルが抑え、血管が広がる事のできる状態を保ちます。食事による影響があまりなく、服用から短時間で効果が出てくるのがジェビトラの特色です。

加えて、成分配合の異なる3種類が販売されていて、効果が続く時間が変わります。持続時間の長さは成分含有量20mg錠なら8~10時間、40mg錠なら12時間、60mg錠なら16時間という見通しです。有効性と安全性は共に新薬と同水準でありながら、値段はより安くなっています。

ジェビトラの口コミ

篠田(39歳)
勃起はするのですが、中折れしてしまうことがあるので薬を利用しています。カマグラ100mgを半分にして使っていましたが、軽い勃起補助位の効果しか感じられなかったためジェビドラ20mgを1錠使ってみました。自然な勃起で中折れもせず、持続力も十分です。バリフも使ってみましたが、鼻づまりの副作用が強かったので、ジェビドラが一番合っているようです。

ヒガシ (43歳)
いや~、こういうのを待ってたんです。出会ったのがジェビトラですけど、今までにも様々なジェネリックを試してみたんですけど、どうもしっくりいかず、コストパフォーマンスに優れたレビトラのジェネリック・ジェビトラを選んだというわけです。

バイアグラとレビトラの効果を持つ「シルビトラ」

シルビトラRSM社が開発したED治療薬のシルビトラは、高い人気を誇るレビトラジェネリックの1つです。強力な勃起力・長時間の勃起持続・食事からの影響の薄さなど、バイアグラとレビトラの長所を併せ持っています。

レビトラの薬効成分バルデナフィルの即効性と、バイアグラの薬効成分シルデナフィルの鋭敏な勃起力を兼ね備えていますので、鋭く強力な勃起力を得て、それを長時間保つ事が可能になっています。その上食事からあまり影響を受けない事もあり、ED治療薬の中では抜群の使いやすさを持っているレビトラジェネリックです。

どちらの薬を飲んでもあまり効果を体感できなかった人にもオススメのED治療薬です。バイアグラとレビトラを複合した薬ですので、一般的なED治療薬と比べても高い効果が望めるでしょう。

シルビトラの口コミ

狭山(30歳)
バイアグラをずっと使っていましたが常々この強力な効果に即効性が欲しいと思っていました。ぴったりの薬があったので即購入。飲んで15分もしないうちに熱くなりアソコが張ってきた感じになりました。効き目に大満足です。

野島(52歳)
初めて購入しましたが、届くまでドキドキでした。自宅配送にしなければこんなドキドキせずにもすんだのかもしてませんが、局留は局留で近くの郵便局に行ける時間が限られてるので仕方なく。結果、妻には詮索されずに受け取ることはできましたが、夜の営みのすごさで結局バレてしまいました(笑)効果ありすぎです。ちょっと呆れながらも、喜んでたんで、問題なしです。

ED治療だけじゃなく早漏改善効果もある「サビトラマックス」

サビトラマックスサビトラマックスには早漏を予防し、EDを改善するという2つの効果があります。開発したのはインドのサバメディカ社です。バルデナフィルが陰茎の血行を良くして勃起力を保ち、ダポキセチンが早漏を防ぐために性的興奮を抑制する作用を持つ、1粒で2つの効果を持つレビトラジェネリックです。

これらの薬効成分により乱れた男性機能を正常に戻す働きを持っていて、ED治療薬の中ではよく使われる部類です。ED症状が極端なストレスによって起こっている場合は、たびたび早漏症を併発しますが、本剤はそれを予防するのにも使えます。早漏を予防し、EDを改善するという2つの効果を併せ持つ、プリリジーのジェネリック医薬品でもあります。飲んですぐに吸収されるので高い即効性を誇り、使うタイミングを選びません。

さらに、射精時間を普段のおよそ34に延ばす効果も望めますので、この薬1つで薬効を2つ得られる分、治療費のカットも期待できるでしょう。

サビトラマックスの口コミ

よっちゃん(42歳)
パンパンになりすぎて驚きました!効き目、かなりあります。中折れすることもありません。30分ぐらいで元気になりました。

なおさん(48歳)
空腹時に使用したら効きすぎたのか、若干の吐き気がありましたが、少し食べ物を口にしたら副作用はなかったです。でも効果はしっかりありました。軽く食べてから使用しようと思います。

レビトラジェネリック通販ならココ

効果を最大限にするレビトラジェネリックの飲み方

効果を最大限にするレビトラジェネリックの飲み方先発薬レビトラは水によく溶ける、錠剤型の薬です。ですので、同じ錠剤タイプのレビトラジェネリックを飲む際は水もしくはぬるま湯を用いましょう。個人差はありますが効果が現れるのは約1530分後ですので、服用は性行為の直前であっても支障はありません。

バイアグラが持っていた食事に影響されて効果に幅が出るという問題点は、レビトラでは解消されています。バイアグラの短所を改良した商品がレビトラですので、あまり食事からの影響を受けなくなりました。それでも、その短所が完全に消失したわけではありません。そのため最大限の薬効が発揮される空腹時こそが、服用に最も好ましいタイミングと言えます。

服用間隔は24時間以上空ける

レビトラとレビトラジェネリックは、1日の最大摂取量が20mgです。そして次の服用までは24時間空けなければなりません。これはレビトラ以外のED治療薬であっても同様なので、続けて異なる種類の薬を飲む際も、ちゃんと間隔を空けるようにしてください。

中にはシアリスのように24時間を超えて作用するED治療薬も存在します。この場合も、24時間経ってからならまた薬を飲んでも支障はないと言われています。とはいえ、飲みすぎると副作用が重くなる危険性があります。薬の効果がまだ体に残っていると感じるならば、服用はやめておく方が良いでしょう。

食事による影響はあまりない

薬効成分バルデナフィルの特徴は、あまり食事からの影響を受けないことです。そこがバイアグラとは違う点です。食前・食後を問わず、いつでも好きなタイミングで飲めます。

しかし影響を受けない条件として、カロリーの合計摂取量が700kcal未満である必要があります。影響は重い食事を摂ると出やすくなりますので、食べ過ぎないように気を付けてください。

飲酒は少量なら問題ない

アルコールは少量であれば支障をきたしません。

ただしお酒に弱い人がアルコールと同時にレビトラを飲んだ場合、薬効成分であるバルデナフィルが血管を広げることで、急激に酔いが回ってしまう事もあり得るので気をつけてください。

アルコールは適量であれば精神を安定させる効果があり、時にはED治療にも役立ちます。とはいえ、飲みすぎは禁物です。

レビトラジェネリックを飲む前に注意すること

レビトラジェネリックを飲む前に注意すること飲むタイミングによってレビトラジェネリックの効果には幅が出ます。その他、飲む際に注意が必要な人や、飲んではいけない人もいます。医薬品なので、以前からかかっている持病やそのために飲んでいる薬と相互作用を起こし、マイナスの効果を生む危険があることが理由です。

主な作用は2つで、PDE5の妨害と、血管を広げることがそれに当たります。種類は違えど効果が同じ薬をいつも使っていると効果が強くなりすぎて、しばしば予想外の影響を体に与えます。

病院で処方された場合はあらかじめ注意点を教えてもらえますが、通販でレビトラジェネリックや他のED治療薬を買った場合は自分で調べる必要があります。

高齢者と持病のある人は注意する

レビトラジェネリックが効果の高いED治療薬と言っても、誰にでも同じくらい効くとは限りません。1日ごとの体調や食事メニュー、メンタルの状態などによって効果に幅が出るのです。

レビトラを飲む際特に気を付けるべき人は、65才以上の高齢者と持病がある人です。肝臓や腎臓、血液関連の病気を治療するためにいつも薬を飲んでいる人は、レビトラを飲んではいけません。これらの病気の治療薬は、レビトラが含有するバルデナフィルと同様の働きをする可能性があります。その場合互いに効果を増幅し合って、作用・副作用共に大きくなってしまう恐れがあるためです。

そのため、医師の判断なしでは処方ができないこともあります。高齢者は加齢が進むと飲む薬が増えたり、身体能力が衰えてきたりします。よってレビトラジェネリックを飲んでもなかなか代謝が進まない、というのが気を付けるべき理由です。

薬が通常よりも長い時間体内に留まると、成分も同じように残り続けます。それが原因で副作用が残留する可能性があります。そもそも加齢自体がEDの主要な原因の1つですが、代謝が悪くなるとさらに薬への耐性も落ちてしまいます。

レビトラジェネリックの副作用

ED治療薬は治験を行って効果を立証した医薬品です。ですので副作用は、先発薬レビトラおよびレビトラジェネリックにもいくつか存在します。レビトラジェネリックの副作用はバイアグラと比較すれば軽いと言われていますが、バルデナフィルの働きにより同様の効果と副作用が発生することもあります。

主に出る副作用は、ED治療薬を飲めばほとんど誰でも体感する副作用です。さほど深刻な症状ではなく、薬の効果と同様に時間経過で徐々に弱まるため支障はありません。

あまり出ない方の副作用が発生する原因は、服用時の体調やED治療薬との相性などです。症状は軽いものからはっきり異常と分かるほどのものまでありますが、用法・容量をきちんと守っていればおのずと沈静化するはずなので心配いりません。

よく現れる副作用

レビトラの副作用は、動悸や頭痛、眼球の充血、顔面のほてりなどがメインで、バイアグラの副作用とほぼ同じです。ED治療薬を飲んだ人の大半に見られる効果と言え流でしょう。

こうした副作用が起きる背景にはバルデナフィルの働きがあります。バルデナフィルは、血の巡りが悪い硬化した血管を広げて、血流をスムーズにし、陰茎に送られる血の量を多くします。これによって血の巡りが良くなる部位は陰茎だけではありません。血管は動脈、静脈、毛細など多くの種類があり、体中を走るそれらの血管を広げることになります

血管を広げても、体内の血液の絶対量は変化しません。すると血液は下半身に集中していき、心臓や脳のある上半身を流れる血液の量が減ります。この時に顔面のほてりや頭痛といった症状が現れます。

これはバルデナフィルが働き始めたことも示していると言っていいでしょう。頭痛がひどすぎると感じた場合は、市販の頭痛薬を飲んでも構いません。併用禁忌薬に頭痛薬は含まれないため、レビトラの前に飲んでおいても良いでしょう。

有効成分であるバルデナフィルの作用

有効成分であるバルデナフィルの作用バルデナフィルはレビトラの有効成分です。その作用は、cGMPを妨害するPDE5成分を妨害するというものです。

EDには多数の原因が存在しています。cGMPの絶対量が元々少なかったり、PDE5の過剰生成によって、cGMPの勃起を促進する働きが妨害されたりといった事が考えられます。とりわけEDを発症しやすいのは、糖尿病を始めとした生活習慣病にかかっている人です。

その要因の1つとして挙げられるのが動脈硬化です。動脈硬化のせいで、興奮している時でもあまり血管が広がらず、勃起するのに充分な量の血が陰茎に集まらない事で、EDの症状が出てしまいます。レビトラに含有されるバルデナフィルには、PDE5を妨害するだけでなく、陰茎の海綿体関連の筋肉をほぐす効果もあります。これによって興奮時に充分な量の血が陰茎に流入し、安定した硬度を保つ事が可能となります。

EDは原因により、いくつかのタイプに分けられます。その内大半の種類にバルデナフィルは作用し、臨床効果は7090%を記録しました。ED治療薬としてのレビトラの人気は、バイアグラには及ばないまでも、上位に位置しています。

更新日:

Copyright© レビトラジェネリック通販情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.