レビトラジェネリックの種類

バイアグラとレビトラの効果を併せ持ったシルビトラ

更新日:

シルビトラは、ED治療薬で有名なバイアグラの主成分であるシルデナフィルと、レビトラの主成分のバルデナフィルを一緒に配合したハイブリッド型のED治療薬です。

バイアグラの切れ味が良く力強い勃起力を有し、レビトラの服用からの即効性を兼ね備え、さらには食事の影響を受けにくいと言った特徴を持つ人気のED治療薬であり、RSM社により開発された医薬品です。

有名な先発医薬品であるバイアグラとレビトラを混合した複合薬は、それぞれ単独で使用した時にはあまり効果を実感できなかった人にもオススメで、高い勃起力、即効性、食事の影響、効果の持続時間など、さまざまな点で、通常のED治療薬よりも高い効果が期待できるでしょう。

シルビトラの飲み方

1日1回の服用で効果を発揮します。

性行為に及ぶ約1時間前に、コップ一杯の水、またはぬるま湯で飲んでください。服用から約30分程度で効果が現れ始め、8時間から10時間程度、効果が持続します。服用する本人の体格や体重、体調などによって、効能や効果に個人差が見られています。

服用は1日1回までとして、次の服用には、最低でも24時間の間隔をあけるようにしてください。シルビトラの主成分である「シルデナフィルやバルデナフィル」は、腸から吸収されるため、服用は空腹時の方がより吸収率が高まり、体内の血液循環によって、即効性が期待でき、より高い効果が発揮されます。

一方で、食後に服用すると腸での吸収率が減少して、期待する効果が弱くなることがあります。そのため食事をした後に服用する場合は、2時間程度の間隔をあけて服用してください。また、シルデナフィルは油や脂質に結合すると腸での吸収が減少するため、脂っこい食べ物や脂質の多い食事は避けるようにすることが大切です。

アルコールについても注意が必要です。少量ならば問題ありませんが、過剰にアルコールを飲むと脳機能の低下や神経伝達の鈍化によって、ED治療薬を服用していても、アルコールの影響により効果が減少することがあります。

さらにED治療薬には、血管の拡張作用があるため、酔いが回りやすくなり、あまりいい効果は生みませんので、飲酒は控えるようにしましょう。

シルビトラを飲む際の用量

効果の期待できる服用する用量は、シルデナフィル25 mgおよびバルデナフィル10 mgが推奨されています。ED治療薬を初めて使う方や、副作用を心配している方、65歳以上の高齢者の方、腎機能障害を患っている方、肝機能障害を患っている方などは、シルデナフィルを25 mg、およびバルデナフィルを5 mgと減量して服用してみてください。

また、初めは半分量から試すなど、ご自分の体調や状態に合った量をピルカッター等で切断して服用してください。効き目には個人差がありますので、少量で効果が得られる方はそのままに、過剰量を服用したからといって効果が増大することはありませんので、用量を守って服用してください。

効果や副作用を強く感じる時は、ピルカッター等を利用して、薬の量を1/2量や1/4量に調節してください。

シルビトラの持つ副作用

主な副作用は、血管拡張作用によって頭痛、ほてり、潮紅が知られています。薬の作用によって血管が拡がっている状態なので、服用から2時間から3時間程度で症状は落ち着いていくようです。

他にも出現の頻度は低いですが、めまいや視覚障害などの副作用が起こるおそれがあります。本剤の服用後に急速な視力低下や視力消失等の症状が起こった場合、急いで眼科専門の医療機関を受診してください。軽い症状は、薬の服用を中止すれば改善していきますので、過度な心配は必要ありませんが、安全性を考慮して、自動車の運転や危険を伴う作業や機器の操縦は止めるようにしましょう。

シルビトラで注意すること

シルビトラの服用において、次のような人は使用に注意が必要です。該当する人は必ず医師へ相談してください。

  • 過去に本剤の成分によってアレルギー反応などが起こったことがある人
  • 陰茎の構造に欠陥(屈曲、陰茎の繊維化、ペイロニー病など)がある人
  • 血液の病気(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病など)のある人
  • PDE5 阻害薬または他のED治療薬を服用している人
  • 出血性疾患または消化性潰瘍のある人
  • 高齢 (65 歳以上)の人
  • 腎機能障害がある人
  • 肝機能障害がある人
  • α遮断剤を使用している人
  • 多系統萎縮症の人

一緒に飲むと副作用が強く出るおそれのある併用注意する食品に、次の様な物があります。

  • グレープフルーツ (ジュースも含む)

本剤の分解が遅れて、薬剤の血中濃度が高くなり、本剤の効果や副作用が強く現れるおそれがありますので、避けてください。

  • 脂質の摂取量

本剤が脂質に結合し、腸での吸収率が下がることで効果が減少することがありますので、食材に注意しましょう。

  • 過度のアルコール摂取

本剤には、血管拡張作用があり、アルコールによる酔いが回りやすくなるため、過度な飲酒は止めましょう。

  • カフェインでの服用

胃に負担がかかり胃痛等の症状が起こるおそれがあるため注意してください。

シルビトラを飲めない人

シルビトラの使用によって、重大な副作用が起こる可能性の高い次のような人は、薬を服用することが出来ません(禁忌)。

  • 過去にシルビトラに含まれる成分で過敏症の既往歴がある人
  • ニトログリセリン、亜硝酸アミル、または硝酸イソソルビドなどの硝酸剤等を投与している人
  • 心臓に障害がある人
  • 年齢や身体の状態などで性行為が不適当と考えられる人
  • 重い肝機能障害がある人
  • 低血圧の人、または未治療の高血圧の人
  • 最近 6 ヵ月以内に脳梗塞、脳出血、または心筋梗塞を起こしたことがある人
  • 網膜色素変性症の人
  • アミオダロン塩酸塩(経口剤)を投与している人
  • 可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト)を投与している人

シルビトラの併用禁忌薬

シルビトラには併用すると重大な副作用を誘発するため、一緒に投与してはいけない薬があります。

  • 硝酸剤およびNO供与剤 (ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、またはニコランジル等)
  • 抗不整脈薬 (キニジン、プロカインアミド、アミオダロン、またはソタロール等)
  • リオシグアト
  • 抗ウイルス薬 (リトナビル、インジナビル、アタザナビル、サキナビルメシル酸塩、ホスアンプレナビル、ロピナビル、リトナビル、オムビタスビル、パリタプレビル、リトナビル、ダルナビル、テラプレビル)
  • 抗真菌薬 (イトラコナゾール)
  • コビシスタットを含む製剤

この他の薬を服用している場合や、新たに服用を予定している場合には、必ず医師または薬剤師に相談してください。

シルビトラは通販で購入

レビトラジェネリックのシルビトラの副作用には頭痛や紅潮などの症状が知られており、心血管系の障害や高血圧の人は投与できません。また厚生労働省の承認が得られていないため、国内の薬局やドラッグストアでは販売されていませんし、病院で診察を受けても処方してもらうことができません。

そのため、シルビトラを入手する方法は通販しかありません。通販を利用する場合、日本国内で販売されているED治療薬以外にもバイアグラやシアリス、ステンドラなどED治療薬の先発薬や、他のジェネリック医薬品なども入手可能で、さまざまな種類のED治療薬が選択できます。

レビトラと同じ効果かどうか試したい人や経済的に理由から、安価なジェネリック医薬品を選ぶ人など、さまざまな理由によって通販購入する人がいます。通販で医薬品を買った場合は、服用する前に自身の持病や服用している薬、服用するED治療薬における禁忌薬および併用注意の食べ物など、正しい情報を理解して服用してください。 しっかりと使用できれば、レビトラと同じ効果のあるシルビトラを安く購入できるメリットはとても大きいと言えるでしょう。

おすすめ記事一覧

-レビトラジェネリックの種類

Copyright© レビトラジェネリック通販情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.