他のED治療薬

ED治療薬は通販か病院で購入できる

更新日:

ED治療薬を購入するには、大別して2つの方法があります。1つ目は医療機関で処方してもらう方法。2つ目は通販などで買う方法です。それでは、それぞれの方法をご紹介しましょう。

まずは、海外商品の輸入代行サイトなどから購入する方法です。この方法は医療機関からの処方ではないので、自己責任で使用することになります。薬剤の特徴や反作用・使用方法をしっかり理解したうえで注文することが大切です。

ED治療薬を通販で購入するメリット

忙しくて時間が無い人、遠方の人でなかなか医療機関受診できないという場合、インターネットの個人輸入代行サイトでの通販で入手すれば時間が大幅に節約できます。

また「今まで病院で処方してもらっていたが、薬が足りなくなったので購入する」「診察代、薬代を極力安く抑えるために購入する」などの理由で個人輸入代行業者からの購入を選択する人も少なくありません。この場合は、バイアグラ、シアリス、レビトラ、国内認可のジェネリックという選択肢ではなく、日本でまだ認可されていないステンドラやその他ジェネリック医薬品という選択肢があり、さらに有効成分の含有量が多い商品も選ぶことができます。有効成分の含有量、剤形、メーカー等をしっかりと把握し、自分に合った商品を見つけましょう。

家に届くと都合が悪いという方も、コンビニ受け取りを利用することでプライバシーを守ることができます。ネットで購入する場合、支払いのトラブルが無いよう、また偽物商品・類似品に細心の注意を払ってください。

注意点としましては、薬の種類によっては水虫の薬や不整脈の薬、またグレープフルーツジュースとの飲み合わせが悪いものもありますので事前に必ず調べてから購入してください。

また現在飲んでいる薬との飲み合わせや、自身が過去にどんな病気になったか、その病気はED治療薬の禁忌ではないかなど、正しく情報収集をした上で服用しなければなりませんので、十分な注意が必要です。正しい知識を持ち自分に合った商品を正しく使用することで、前向きにED治療に立ち向かい素敵なナイトライフを実現しましょう。

ED治療薬を病院・クリニックで購入する

2つ目の方法は、ED治療薬を病院やクリニックなどで処方してもらう方法です。基本的にED治療は保険外診療ですので、クリニックの中で「院内処方」により薬をもらうことになります。

ED治療の費用はクリニックによって設定が異なることがあります。受診の前にインターネットや電話で必要金額を確認してください。

ED治療をおこなっているクリニックでは、一般的には保険診療ではなく自由診療(自費診療)で処方されることが大半です。保険外診療の場合は、基本的に健康保険証の提示は必須ではありません。ただしEDの原因によっては保険適応となる場合があります。この場合には、健康保険証が必要となりますので忘れずにお持ちください。

プライバシーに配慮した受付けや無料カウンセリングサービスがあるクリニックも最近増えてきました。また、診察も遅くまでやっていたり、土日祝も診察しているクリニックも多くなっているようです。

人によっては、働き盛りの40~50代は高血圧、糖尿病などの生活習慣病を患っていたり、60~70代は心筋梗塞、不整脈、脳梗塞の経験があるなど、治療薬を制限される人もいます。自分の病状を医師へ事前に相談できるため、専門家の判断の下、ED治療を安心して受けることができる点が病院処方の大きなメリットでしょう。

もし飲用後に頭の痛みや顔がほてるなどの反作用を感じた場合にも、すぐに相談できて量を減らすや飲用タイミングの変更、飲用時の食事内容の変更などの対策を提案してもらえるという利点があります。

ED治療薬は薬局・ドラッグストアで買える?

ED治療薬は、現在の日本においては市販されていません。

忙しくてクリニックに行く時間がない人や、既にクリニックでED治療薬を貰っている人、いつもの薬だけ手軽に欲しい人でも、医師の処方がなければ手に入れることはできません。日本ではED治療薬としてバイアグラ・シアリス・レビトラが認められていますが、医師の指示がなければ販売できないようになっています。

薬局やドラッグストアでED治療薬のことを聞いた際、精力剤とされる成分が入ったサプリメントや、滋養強壮に効くドリンク剤などを提案されるかもしれませんが、これらはすべてED治療薬ではありません。あくまでもサプリメントなので、即効性が期待できるものは少ないようです。

ドラッグストアで売っているサプリメントは、誰もが聞いたことのある「マカ」や「すっぽんエキス」「高麗人参」などが含まれた栄養補助食品なので、長い目で見て、継続して服用したうえで効果を見極める必要が出てきます。

ED治療薬は、頭が痛くなるとか、顔がほてるなどの反作用が起こったり、心血管疾患や高血圧症の方は安全に使用できないなどと、医師の判断が必要になる局面も多々ありますので、薬局やドラッグストアでは入手できないようになっています。

ただし、インターネット上で開局している薬局(大手チェーン調剤薬局・ドラッグストアではない薬局)は、この限りではありません。

国内通販サイトでED治療薬は買える?

わざわざ病院に行かなくても、気軽に手に入れられるなら通販が良いと思う人も少なくないでしょう。ところが現段階において、楽天やAmazonで検索してもヒットせず取り扱いは一切ありません。

もし国内通販サイトで販売されているところを発見したら、以下のことに注意してください。

まず、ジェネリックとは言えない薬や偽物もたくさん出回っているので、十分な注意が必要です。

検索結果ではサプリメントもヒットすることがありますが、こちらも注意してください。製造している環境が衛生的に清潔なのかは不明である商品もあり、含有されている成分が間接的な効果しか持たないにもかかわらず、有効性を謳っているサプリメントも多数存在しています。有害なものに当たってしまった場合、ED治療をして理想的な性生活を実現するどころか体調を崩してしまう恐れもあります。

ヤフオクやメルカリに至っては、偽物の特定も難しくいたちごっこで全商品の検証が不可能です。

おすすめ記事一覧

-他のED治療薬

Copyright© レビトラジェネリック通販情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.