レビトラについて

レビトラは通販か病院で購入できる

更新日:

人気のED(勃起不全、又は勃起障害)治療薬である「レビトラ」を購入するためには、主に2つの方法があります。

1つはED専門のクリニックを受診して処方箋をもらい薬局で購入する方法、2つ目は、インターネットを介して海外の個人輸入業者から購入する方法です。

レビトラを通販で購入する場合

インターネットで「レビトラ」を検索すると、非常に多くのサイトが見つかります。数多くの個人輸入代行業者がレビトラを販売しており、正規のレビトラやレビトラジェネリックよりもはるかに安い値段で簡単に購入することができます。

安全で信頼性の高い個人輸入代行業者を選ぶ1つの目安は、薬の情報が正確な日本語でしっかりとサイトに記載されていることです。

また輸入元の海外ブローカーの情報をしっかりと記載している代行業者も選ぶ基準の1つになります。そのような業者は、海外で作られた正式なジェネリック医薬品を買い付けるルートを持っていることが多く、そのような商品が個人へ販売されるケースが見受けられます。名の知れない通販サイトから購入するよりも、このように輸入元、販売元が信頼できる有名な実績のある個人輸入代行サイトから、本物のレビトラやレビトラジェネリックを入手する方がより安全です。

なお、個人輸入代行業者により購入した商品については原則、本人の自己責任の範囲です。そのため、粗悪品や偽造品によって重篤な副作用が起こったとしても日本の法律では裁くことができない場合が多くありますので、その使用には細心の注意が必要になります。

病院・クリニックで購入する場合

専門クリニックから購入する場合は、安全性が高く、また医師から服用方法や注意点を聞けることは大きなメリットです。しかし一方で、レビトラ1錠の値段が高いというデメリットがあります。

レビトラ以外の他のバイアグラやシアリスなどのED治療薬においても、日本で購入できる薬は、1錠あたり1,500~2,000円と大変高価であり、経済的な理由から使用できない人も多くいます。海外では安価なジェネリック医薬品が多数販売されていますが、日本国内では、厚生労働省が認可していないため、薬局やドラックストアでは販売されていません。

レビトラをはじめ、ほとんどのED治療薬が高額なのは、医療機関における医療行為が、自由診療であり、すべて費用は自己負担になるためです。日本国民のほとんどは、公的医療保険に加入しているため、病気や怪我によって医療機関を受診した場合、診察費や検査費、薬代は3割から1割負担で医療を受けることができます。自由診療ではすべて自己負担になるため、レビトラの薬代が高額になります。

EDは精神的、肉体的な原因によって起こる病気ですが、性行為が出来ないことが直接の生命維持に関わらないことや、治療薬によって根治できないため一時的な改善にしかなりえないことから、厚生労働省は保険適応にしていません。このような理由から国内の医療機関からED治療薬を入手するためには、高額な治療費を払い続けていくしかありません。

国内で安くED治療薬を購入するには、今後ED治療薬が保険適用になるか、またはレビトラの国際特許が切れて、国内メーカーがジェネリック医薬品の輸入、もしくは製造、販売を厚生労働省から認可されるかを待つ必要があります。多くの人が欲しくても国内で手に入らないのであれば、海外の安価なジェネリック医薬品をインターネット経由で、購入することも仕方のないことかもしれません。

ドラッグストアでは購入できない

近年、ドラッグストアやアダルトショップなどで類似の名前の商品が販売されていますが、レビトラは医薬品なので、ED治療薬が売られていることはほとんどありません。ED治療薬と精力剤を同じ物と考える人がいますが全く違う薬で、ED治療薬には性的興奮を高めるような作用はありません。

一方で、精力剤の中には血流の改善を明記した商品もあり、血液の流れが良くなることで勃起に多少の改善効果が見られるようです。しかし、バイアグラやレビトラといった正規のED治療薬とは、根本的な薬理作用が異なるため、効果は数段低く、期待する効果はほぼ得られないでしょう。

通販ではレビトラの偽物に注意する

現在、レビトラが薬局やドラッグストアで販売されていることは無く、類似の商品を見つけても、しっかりと成分や効果を確認することが大切で、これはインターネットを介した購入でも同じことが言えます。高い信頼性を求めるのであれば、日本のED専門のクリニックを受診することが良く、インターネットで購入する場合も信頼のおける業者を介するのが一番いいでしょう。共にメリット、デメリットがありますが、自分に合ったED治療薬を選ぶことが大切です。

インターネット経由により海外で販売されているジェネリック医薬品は、安価で購入しやすいですが、一方で偽造品や粗悪品も多く出回っており、トラブルも多く起こっています。

個人では、通販サイトの信用性を判断することは難しく、経験や知識が乏しいことで、偽造品や粗悪品を購入してしまい、効果が無いばかりか、副作用が起こる危険性もあります。信用できないサイトから購入した場合、実に5割の商品が偽造品であるという報告もあり、注意が必要です。

海外では、バイアグラは青い形状の錠剤であるため「ブルーダイヤモンド」と呼ばれ、性行為における必須アイテムとなり爆発的な人気がありました。日本国内でも海外の情報に相まって「セックスドラッグ」として誤認が広がり、バイアグラが日本国内で承認される前に、個人輸入業者を通じて、購入する人が多くいました。

そのため用法や用量を理解せず、過剰摂取した人で死亡例が報告されています。正しい薬を正しい用法・用量で服用しなければ、命に関わる重大な副作用が起こる可能性があることを認識しなければなりません。

おすすめ記事一覧

-レビトラについて

Copyright© レビトラジェネリック通販情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.