レビトラについて

即効性に優れたED治療薬レビトラ

更新日:

即効性に優れたED治療薬レビトラ

レビトラはドイツのバイエル社が製造・販売をしており、バイアグラに続き第2のED治療薬として、日本では2004年から販売が開始されました。

レビトラという名称の由来は『男性の生命』だそうですが、世界初のED治療薬として登場したバイアグラをさらに改善した薬として、その効果には定評もあり、今では世界100か国での使用実績を持つED治療の代表的な薬の一つになっています。

しかしながら、日本国内で使用されてきた歴史はまだ浅く、レビトラがどういった薬剤であるかが、まだあまり良く知られていません。そこで多くの方々にレビトラについての理解を深めていただけるよう、レビトラの歴史から使用にあたり役に立つ情報まで幅広くお伝えいたします。

バイアグラの欠点を補ったレビトラ

ED治療薬として世界で初めて開発されたバイアグラは、その画期的な作用から瞬く間に世界中に広がり、EDに悩む多くの男性に使用されてきました。しかし長く服用されていくにつれて、薬に対するバイアグラユーザーからの不満も出てくるようになったのです。

バイアグラは食事の影響を受けやすく、それによって効果が減弱してしまうという問題点がありました。そこでドイツの製薬会社バイエルが、この問題の解決のために手を挙げました。またそこにシェリング・プラウ、グラクソ・スミスクラインが加わり、3社が協働して新薬開発に取り組みました。

そして食事の影響を受けにくく、即効性のあるED治療薬をつくることを開発の目標とし、5年間の臨床試験を経て発売されたのがレビトラです。バイアグラを改良した新しいED治療薬ということで注目を浴び、多くの人々に使用されるようになったのです。

ドイツやアメリカでまず広まり、そして日本においては2004年の販売以降バイアグラからレビトラに変更する人が増えましたが、即効性も期待できるレビトラは、今では世界の100か国で使われるようになりました。

レビトラのED改善効果

ドイツのバイエル社は、解熱鎮痛消炎剤であるアスピリンを開発した製薬会社として有名ですが、世界中で長く使用され続けているアスピリンの他にも、幅広い分野の医薬品の製造に携わっています。

日本ではバイエル薬品製薬会社がレビトラを販売していますが、欧米人に比べて小さな体格の日本人に合わせ5mg・10mg・20mgの三種類の用量で製造されています。

そのため服用する人の体格や体調を考慮したうえで、その時々に応じて用量を調整することが可能です。レビトラは1日に1回投与することで、普段にも増した陰茎の硬さを得ることができます。また早い場合は服用後15分ほどで効果が現れてくるので、バイアグラよりも使いやすいED治療薬であると言えます。

レビトラの剤型

レビトラは多くのED治療薬と同様に錠剤として開発されました。

外観は丸型で黄色の錠剤で、薬本来の持つ味である苦みを抑えるためのコーティング加工がされています。

コーティングは薬の苦みをカバーするだけでなく、服用後に体内のどの部分で消化し吸収されるかを計算したうえでコーティング成分を組み合わせ、適切なタイミングで体内に吸収されるように作られています。

ED治療薬をはじめ医薬品全般に言えることですが、薬は代謝される場所によっては期待する効果が得られなくなってしまうこともあります。よってレビトラの開発の中では、コーティング成分に対しての実験を、何度も何度も実施した中でやっと今の錠剤が作られました。

薬の中でも液体は効き目が現れやすいですが、必要量をその都度計らなければならない手間があります。その点錠剤は1錠ずつパッケージされているので携帯しやすく、服用も簡単で長期間の保存も可能なため、レビトラとしては錠剤が適した形状であると言えます。

しかしながらレビトラジェネリックについては、他の形状のものもあるため、レビトラと同じ成分であっても用法が異なる場合があるのでご注意ください。

PED5(ホスホジェステラーゼ)阻害薬であるレビトラに含まれる有効成分はパルデナフィルです。PDE5に対し高い阻害作用を持ち、効果が発現するまでの時間も短いために、ED治療としては期待度の高い成分であると言えます。

体内にはPED1から11まで存在し、ED治療薬を服用した場合には多からず影響を及ぼすことはありますが、PED5 の阻害効果に比べるとわずかなもので、非常にまれに副作用として影響する場合を除き、問題はないと言われています。

バルデナフィルの薬理作用は、陰茎の血管を拡張する働きを持つcGMP(環状グアノシン一リン酸)を分解する酵素PED5を阻止することで、cGMPの比率が上がり陰茎への血流量が増え、結果として勃起の硬さと勃起状態を保持します。

また陰茎海綿体への作用はバイアグラの有効成分シルデナフィルの約3倍という臨床試験の研究結果も報告されており、その即効性と効果の高さが明らかになっています。一般的には10mgのパルデナフィルでその効果は十分得られますが、さらに強力な効果を得たいときは1日の最大投与量である20mgを服用することも可能です。

ただし体調に問題がないことが前提なので、むやみに増量することは控えましょう。服用後、副作用が強く現れたり、勃起状態が長時間続く場合は速やかに医療機関を受診し、適切な処置を受けるようにして下さい。

レビトラがEDに効く理由

バイエルがバイアグラに続く第2のED治療薬の開発にあたり注目した有効成分がバルデナフィルです。

バルデナフィルはPED5阻害成分のひとつで、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルと同じ系列の成分です。シルデナフィルはもともと、ファイザー社が狭心症治療薬を開発する際に利用していた成分ですが、臨床試験を行った被験者の勃起不全に効果が見られたことが分かり、その後ED治療薬としてバイアグラが開発・販売されました。

バイアグラは世界初のED治療薬として大きな波紋を呼びましたが、食事が効き目に影響することや、効果発現まで時間がかかるなど問題点も見えてきました。

そこで、その課題を克服するべく開発されたのがバルデナフィルを有効成分とするレビトラでした。レビトラは食事の影響をあまり受けず、バイアグラよりも即効性のあるED治療薬として登場しましたが、レビトラが販売されてからはED治療薬の代名詞とも言えるバイアグラからレビトラに変更した人々も沢山いるようです。

その後も新薬の開発が進み、第3のED治療薬としてはタダラフィルを有効成分とするシアリスが販売されました。シアリスもこれまでのED治療薬にはない効果を持つ薬ですが、新たな薬が出てからもレビトラは世界各地で使い続けられています。

おすすめ記事一覧

-レビトラについて

Copyright© レビトラジェネリック通販情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.