他のED治療薬

勃起不全改善に欠かせないED治療薬

更新日:

勃起不全改善に欠かせないED治療薬

勃起不全(ED)とは勃起が不十分だったり、または勃起状態が続かないことで満足のいく性交が出来ないことを言います。

現在、EDの悩みを持つ男性は1,130万人ともいわれています。EDの程度はさまざまですが「いつもではないが時々、性行為ができない」という男性は4人に1人の割合で存在し、多くの男性が悩んでいる病気と言えます。

しかし最近は、いろいろなED治療薬が販売されるようになりました。30~40歳代の方々から60~70歳代の方々まで、広い年齢層から支持を受けていますが、特にシニア世代では「もっと早く治療を始めておけばよかった」と感じている人も多いようです。

EDは治せる病気ですので、加齢や仕事のストレスなどを理由に諦める必要はありません。勇気をもってEDに向き合うことで、充実した性生活を送ることができるようになるでしょう。

ED治療薬の種類

ED治療薬は勃起をサポートする薬で、いろいろな種類があります。

ED治療薬の成分はシルデナフィル、タダラフィル、バルデナフィル、アバナフィルの4種類で、有名なものはシルデナフィルを有効成分とするバイアグラです。

バイアグラのジェネリック製品は普通の錠剤の他、OD錠という口の中で唾液によって溶かして飲むタイプの薬があります。水なしで飲めるOD錠は、他の人に気づかれずにいつでもどこでも服用できるのがメリットです。

またシアリスはタダラフィルを含むED治療薬ですが、日本ではシアリスのジェネリック薬はまだ認可されていません。このようにED治療薬にはジェネリック製品のあるものとないものが存在します。

基本的にED治療は保険外診療のため治療費が高額になることがありますが、糖尿病などの生活習慣病が原因のEDでは保険診療が適応される場合もあります。治療費をなるべく安くしたい方は主治医または薬剤師に相談しましょう。ただし、自分の希望する薬はどこにでもあるとは限らないので、あらかじめ受診する医療機関に確認することを勧めします。

忙しくてなかなか病院に行けない方も、インターネットで薬を個人輸入することは可能です。個人輸入を代行する通販サイトもありますが、いずれにせよ輸入薬剤の場合は偽造品の購入や誤用のリスクがあるため、安全に服用するためにもED治療薬とその服用方法についての正しい知識を持っておくことが大事です。

ED治療薬の体内での働き

ED治療薬は別名PED5阻害剤と言われ、勃起を助ける医薬品です。

PED5(ホスホジエスレラーゼ5)は、勃起のプロセスの中で分泌される酵素の一つで重要な役割を持ちます。

通常、健康な男性に性的な刺激を与えると、脳から神経を伝わってcGMP(環状グアノシン一リン酸)が生産されます。それによって陰茎の血管が広がり陰茎海綿体への血液の流れが増加して勃起しますが、性的刺激が止まると今度はPED5が分泌され、陰茎海綿体の血管が収縮して血流量が減少し、陰茎は平常の状態に戻ります。

このようにPED5は勃起した状態を解除する作用がありますが、ED治療薬はそのPED5の働きを阻害することで陰茎への血流量を増加させ、勃起状態の維持を可能にします。

世界初のED治療薬であるバイアグラは、はじめは狭心症治療を目的として開発されました。結果的に思わしい成果を出すことが出来ず開発は中止されましたが、その後、被験者男性から薬を回収しようとすると返却に応じない事例が多数見られました。

そこで理由を探ったところ、男性機能を高める作用があったことが判明し、ED治療薬として新たに研究が進められたというエピソードがあります。ともかくED治療薬は興奮剤として脳に働きかけるものではなく、性的な刺激を受けたのち、PDE5を阻害することで勃起をサポートする薬です。

血流改善効果で正常な勃起を促す

血流とは血管内の血液の流れをいいます。血管をゴムホースに例えて考えるとイメージがしやすいかもしれません。太くて柔らかいゴムホースは水の流れもスムーズですが、ゴムホースが固く縮まって細くなっていれば水の流れが悪くなります。

血管も同様で太く柔らかければ血流は良く、硬く細い血管は血流が悪くなります。勃起不全は、何らかの原因によりペニスに流れる血液の量が減ってしまい、勃起する力が弱くなってしまった状態をいいます。

動脈硬化もその原因の一つですが、これはゴムホース(血管)が固くなりゴムホースを流れる水(血液)の通り道が狭く流れが悪い状態をさします。

このような血流障害によるEDの多くは40~50代の動脈硬化を持つ人たちです。また生活習慣病があると血液がドロドロになり、血液の流れが悪くなってEDになりやすいです。このような基礎疾患がない若い人でも、普段から競技用自転車に乗る機会が多い人は陰茎が圧迫されることによって起きる血流障害でEDになるケースがあります。

このように年齢を問わずEDに悩む人は多いですが、ED治療薬によって血流が改善すれば勃起機能が向上する可能性はあります。安全に使用するためにも、ED治療薬のことを理解し注意事項を守って正しく服用しましょう。

勃起のメカニズム

ED治療薬がどのように作用するかを理解するうえで重要なのは、勃起の仕組みを知ることです。

性的な刺激を受けた男性の脳から神経を通ってまず一酸化窒素が作られます。次にこの一酸化窒素に反応し、陰茎の中で血管を広げる作用を持つcGMPという物質が生産され、その結果、陰茎海綿体の血流が増加して勃起が起きます。

その後、射精をすると性的興奮が減退し、cGMPを分解する酵素PDE5が分泌されて勃起状態が沈静化します。

健康男性はcGMPとPDE5の均衡がとれていますが、ED患者さんの場合cGMPが不足しているので、性的な刺激を受けてもPDE5が優位に働いてしまいcGMPがどんどん分解されていくことで勃起不全を引き起こします。ED治療薬はこのPDE5の働きを妨げるPDE5 阻害剤であるため、服用することでcGMPの分解を止めて血管を拡張し、陰茎海綿体への血流を増やすことで勃起状態を保持できるようになります。

最終的には射精をして性的興奮が冷めると、血管収縮がおこり平常の状態に戻ります。したがって性的刺激が脳に入り、初めて効果が発揮される仕組みになっている薬剤なので、勃起状態が長時間続いてしまうという心配はありません。

ED治療薬の代表的な有効成分

ED治療薬の有効成分にはシルデナフィル、タダラフィル、バルデナフィル、アバナフィルの4つがその代表格として有名です。

日本国内で医療機関から処方を受けることができるのは、このうち3つの成分のみです。シルデナフィル製剤はアメリカのファイザー社が発売した「バイアグラ」が有名ですが、タダラフィル製剤はイーライリリー社が発売した「シアリス」が良く知られており、この2成分については、日本で認可を受けたジェネリック医薬品もあります。

またバルデナフィル製剤には「レビトラ」があり、ドイツのバイエル社から発売されました。これらの薬は病院で購入できますが、個人輸入という方法を使えば日本では認可されていない薬剤も手に入れることが出来ます。

アメリカのFDAではすでに承認を受けた成分ですが、日本では未認可の成分にアバナフィルがあります。「ステンドラ」という薬剤がこの成分を含みますが、第4のED治療薬として海外では販売されているもので、日本でも個人輸入であれば購入することができます。

おすすめ記事一覧

-他のED治療薬

Copyright© レビトラジェネリック通販情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.