レビトラジェネリックの種類

レビトラの1/6の値段で買えるバリフ

更新日:

レビトラの1/6の値段で買えるバリフ

ED(勃起不全)治療薬であるバリフは、レビトラジェネリックとして、インドのアジャンタファーマ社によって開発されました。

レビトラの特徴である効き目の速さは変わらず、効果持続時間が20mgで10時間程もあります。ベッドに入る前に服用すれば、満足のいく性生活をサポートしてくれます。効果持続時間の長さ、その効き目から、高い人気を誇ります。

食後でも服用できる特徴を持ち、非常に便利な薬となっています。


レビトラと同じバリフの効果

バリフはレビトラジェネリック内で、最も売れ行きが良い薬となっています

レビトラと同様に、バリフにもバルデナフィルが含有されています。

勃起を妨げる酵素としてPDE5が存在しますが、バルデナフィルが、この酵素の働きを妨害します。その結果、性行為に至れるような勃起を促してくれるのです。

バリフのED改善効果は、ストレスや加齢、動脈硬化といった病気由来のものなど、あらゆる原因に対応しています。値段としても、先発品レビトラと比べると1/6程とかなり安価なため、継続使用も難しくありません。

服用してから30分程で効き目が現れ、8〜10時間持続します。

あくまで平均であり、体型や体調など、個人差が大きいので注意が必要です。

バリフの飲み方

バリフの服用方法を説明します。回数は1日1回、水などで飲み下すようにしましょう。2回目を使用する場合には、必ず24時間以上空けるようにしてください。

効果が食事に作用されにくいため、任意のタイミングで構いませんが、性行為の1時間前には服用を済ませるのが良いでしょう。

バリフを飲む際の用量

バリフに含まれるバルデナフィルは20mgです。1回の服用量は10mgまでとし、特に65歳以上の方や、肝臓に持病の有る方などは5mg程の少量から使用するようにしましょう。自身に合わせた量に調節するため、ピルカッターなどを準備しておくと便利です。

前述の通り、薬の効き目は個人差が大きいものです。最初は少量から始めて、効き目に満足できない場合などに、徐々に増量していくようにしてください。大量に服用しても良い結果は招きません。正しく服用することが肝心です。

バイアグラのシルデナフィルは、食後の服用では、薬の効果が大きく減ってしまいます。バルデナフィルでは、その欠点が克服されており、食事の後でも気にせず服用することができます。

しかし、なんでも食べて良いかというと、そうではありません。油分多い食事を摂ってしまうと、やはり効果が出にくくなる可能性があります。目安として700kcal以内に留め、ヘルシーな食事を心がけましょう。

アルコールとの併用も可能です。少量・適量のアルコールであれば、リラックス効果から、良い結果をもたらす可能性もあります。しかし、アルコールに弱い人や単純に大量飲酒した場合、バルデナフィルの血行増進効果と相まって、酔い過ぎてしまうこともありえますので、注意が必要です。

バリフの持つ副作用

バリフの服用で起こり得る副作用を説明します。バルデナフィルが血管を急激に広げるため、主なものとしては、頭痛やほてり、顔が赤くなる、鼻詰まりなどが挙げられます。

これらの症状は2〜3時間程度で収まっていきますので、心配する必要はありません。視覚にも影響が出る場合があり、服用後の運転や、高所での作業などは避けるようにしてください。

例えば、異常に眩しく感じたり、目がかすんだりといった症状や、めまいなどが挙げられます。万が一、服用後急に眼が見えにくい・見えなくなったという症状が出た場合は、服用を止め、できるだけ早く医師に相談するようにしてください。

かなり稀ですが、勃起持続症の発症事例があります。プリアピズムとも言い、早期の対処が重要です。勃起機能が失われたり、陰茎組織に障害をきたしたりする可能性があります。

勃起持続症早期解決のために、4時間以上勃起し続けている場合は、病院を受診してください。泌尿器科や内科、ED専門クリニックでも、対処が可能です。

バリフの使用で、効果や副作用がきついと感じた際は、薬を分割して服用量を減らしてみましょう。ピルカッターで1/2や1/4程度に割っておくと便利です。

バリフで注意すること

バリフの使用に、注意しなければならない方を説明します。

  • 陰茎湾曲症、海綿体の線維化がある、陰茎硬化症(陰茎にしこりがある)などの方
  • 血液疾患を持つ方(白血病、貧血、多発性骨髄腫など)
  • すでにバイアグラなどの薬を使用している方
  • 出血したときに血が止まりにくい、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの疾患を持つ方
  • 65歳以上の方
  • 肝疾患の方

以上の方は、使用の前に医師に確認するようにしましょう。

次に、バリフとの併用に注意が必要なものを説明します。

グレープフルーツは、ジュース状のものを含め、バリフと一緒に飲まないようにしましょう。グレープフルーツは薬の分解を遅らせるため、効果が強すぎたり、副作用が出やすくなったりする可能性があります。

お酒を飲むことは構いませんが、深酒は避けるようにしましょう。バリフの血管拡張作用により、酔いが一気に回る可能性があります。

コーヒーや紅茶、緑茶など、カフェインを含む飲み物で、バリフを服用することは避けましょう。刺激が強いため、胃痛の原因になります。

また、なんらかの薬で発疹などアレルギーの既往歴のある方は、使用の前に必ず医師の確認を取りましょう。

バリフを飲めない人

次に、バリフを服用してはならない方を説明します。

  • バリフの成分に対し、過敏症を起こしたことのある方
  • ニトログリセリンに代表される「硝酸剤」を、現在使用している方
  • 心疾患(不整脈、不安定狭心症や先天性QT延長症候群など)を患い、性行為自体ができない方。又は、抗不整脈薬を服用している方。
  • 直近6ヶ月で、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の経験がある方
  • 重度の肝障害の方
  • 腎臓病で透析中の方
  • 低血圧及び、病院で管理を受けていない高血圧の方
  • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症に用いられるリオシグアトを服用中の方
  • HIV治療のための抗ウイルス薬(リトナビルやコビシスタットなど)を使用している方
  • イトラコナゾールなどの内服型抗真菌薬を服用している方
  • 網膜色素変性症の方

以上の方は、バリフを服用することはできません。使用中の薬との兼ね合いもありますが、体に重篤な不具合が出る可能性があります。

またバリフには、一緒に使用してはいけない薬が存在します。

  • ニトログリセリンや亜硝酸アミルなどの硝酸剤や一酸化窒素供与剤
  • キニジンやプロカインアミドなどの抗不整脈薬
  • リオシグアト(慢性血栓塞栓性肺高血圧症治療薬)
  • HIV治療に用いられる、リトナビルやコビシスタット(含有されるものも含む)などの抗ウイルス薬
  • イトコナゾール錠などの抗真菌薬

服用中の薬が上記以外であっても、医師に相談することが肝心です。また、新しく薬を服用する場合にも、一度尋ねてみると良いでしょう。

バリフは通販で購入

バリフを服用する場合には、副作用や使用禁忌の方など、注意が必要な点が多くあります。医師との連携が重要なため、ドラッグストアといった身近な場所では入手できません。

バリフは病院からの処方だけではなく、個人輸入でも購入することができます。病院が近くにない方や、通院の時間が取れない方は、この方法が便利でしょう。

個人輸入のメリットは、バリフや、バイアグラ、シアリスといった有名な薬のみならず、様々なジェネリックを購入できることにあります。中には日本で未認可のステンドラや、国内では取り扱っていないような大容量の薬などもあり、その選択肢は多岐にわたります。

個人輸入では、比較的安価に薬を購入できます。また病院の受診をしないため、診察代もいりません。非常に便利な個人輸入ですが、自分自身の既往歴や上記に挙げた使用禁忌、併用禁忌などを良く把握しておかなければなりません。

そういった注意事項を守ることができれば、個人輸入は手軽に、また、お得に薬を購入することができます。


おすすめ記事一覧

-レビトラジェネリックの種類

Copyright© レビトラジェネリック通販情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.