他のED治療薬

バイアグラの強力な勃起持続効果

更新日:

バイアグラの強力な効果

アメリカにおいて、バイアグラが世界で初めて勃起不全の治療薬として認められたのが1998年でした。

政府機関であるアメリカ食品医薬品局(通称FDA)が医薬品や食品に関連する証拠を集めて承認しており、このFDAが定める合格の基準は非常にシビアであることが有名で、常に臨床での検査が実施されています。


バイアグラのアメリカで実証された効果

アメリカで承認された医薬品が日本でも使用できるようになるまでは、さらに日本人の生活習慣や体質、さらに強い副作用が出ないか3〜5年の臨床検査が必要と言われています。しかし、バイアグラは厚生労働省でアメリカでの発売から1年経過しないうちに承認された珍しい薬といえるでしょう。

その理由としては、アメリカでの治験では重大な副作用が少なく、さらにED症状を改善させる効果が約80%あったことやバイアグラの偽造品を輸入代行業者から入手したものの重大な悪影響を起こす例がいくつかあったことなどがあり、早い段階で日本でも承認されました。

とくにバイアグラは、日本とアメリカの非常に審査基準が厳しいとされる審査機関からの承認を経て、しかも治療から得られる効果も高い薬と認識されています。

バイアグラのED改善効果

薬の説明書には効能や効果が一つの作用機序として記されていますが、この二つの言葉の意味は異なります。

効果とは、薬の服用により生じる良い結果またはそれが期待できること、そして効能とは、薬の投与によって引き起こされる働きのことをさします。例えばバイアグラを服用することでの効能とは、どんな良い結果がその服用によって引き起こされるかがポイントで、その効能とはED症状が軽減または改善できることといえるでしょう。

EDにも分類があり器質性EDと心因性EDが見られ、いずれにしてもその原因となりうる疾患を突き止めることが重要です。

器質性EDの要因となる疾患には、高血圧症や糖尿病などの生活習慣病、下肢静脈瘤、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患、坐骨神経痛があり、一方で心因性EDは統合失調症、うつ病、不眠症、認知症、パニック障害、LOH症候群、倦怠感や慢性疲労などの疾患が挙げられます。

またバイアグラの効果としては、循環器や陰茎などの血流改善やホスホジエステラーゼ5(PDE5)という酵素の働きの阻害などが期待されるということになるでしょう。

そのほかにも、動脈管開存症や心室中隔欠損症や狭心症などの肺性高血圧症以外の循環器系の疾患、人工心肺手術後や開胸手術の回復への利用など、その効果への立証は研究段階にあるものの、バイアグラへの期待は高まっています。精神的な面でも、勃起不全症状が軽減すると慢性的な倦怠感や抑うつ症状などがなくなり、精神状態が回復することも一つの効果と捉えられています。

一方で、それらのような効果を望んでバイアグラを利用するときは性行為前だけに飲むのではなく、内服を継続してさらに臨床での検査データを蓄積させる必要があるとされています。

さらに、心因性の要因で生じるEDに対しては、心理カウンセリングや心療内科・精神科での抗うつ剤や向精神薬の処方も同時に治療として行うことが望ましいでしょう。

また器質性の要因で生じるEDは生活習慣病との関わりが深く、とくに糖尿病患者のEDに罹患する確率が高いため、まずは生活習慣病の治療が優先となります。

バイアグラの臨床結果

バイアグラは日本においては50mgと25mg、海外では100mgも承認を受けています。

ここかは、専門的な視点から、バイアグラが身体にどんな作用をもたらすのか、国内で手に入れることができる50mgと25mgの臨床における薬物動態の統計を参考にお伝えします。

KEGGの「医療用医薬品 : バイアグラ」からの引用によると、以下のようになります。

  • シルデナフィルを成人男性20名にそれぞれ25mg、50mg、100mg、150mgを服用してもらうと、Cmax(最高血漿中濃度)は各105ng/dl、192mg/dl、425mg/dl、674mg/dlとなった。
  • AUClast(0時間〜最終定量可能時間までの血漿中濃度・時間曲線下面積)は、それぞれ231,504,1148,1977ng/hr/mLとなり、薬の服用量と比例して増加が見られた。
  • 血漿中にあるシルデナフィルんの終末相におけるt1/2(消失半減期)は3.23〜3.31時間となり、スムーズに消失した。

これらの統計は頓服薬としてバイアグラを内服したあとその服用した量に応じて血液内の濃度も増え、またどの程度の時間で成分が血中濃度の半分以下になるのかは25mg、50mgとも3時間ほどで効果がなくなることを表しました。

このようにシルデナフィルの服用量に応じ血中の濃度が増えることで、効果もそれに応じて感じやすくなる訳ではありませんが、その効果は4〜5時間持続することには変わりはないことされています。

現在の日本においてはバイアグラジェネリックは50mgが多く市場に出ており、服用も25mgでなく50mgを選択する人が多いでしょう。

例えば25mgで十分に効果を感じられる人は50mgへ増量する必要性はなく、例え50mgとしても効果には大きな変わりはないため、薬の増量は50mgまでであれば、それほどの心配は不要でしょう。


おすすめ記事一覧

-他のED治療薬

Copyright© レビトラジェネリック通販情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.