他のED治療薬

ED・勃起不全とは何か

更新日:

ED・勃起不全とは何か

「男性器がちゃんと勃たず、満足いく性行為ができない」「正常に勃起したり、しなかったりする」「中折れするせいでパートナーと充実感のあるセックスができない」といった悩みはありませんか?

男性器の硬さが不充分だったり中折れしたりする状態は、EDと診断されます。男性器がちゃんと勃起しないために男性本人だけでなくパートナーも懸念を抱いてしまう、といった状態もまたEDの症状の内です。EDの原因は何も体質や加齢ばかりではありません。また、その裏には時に意外な病気が潜んでいます。

EDはとても微妙な問題であり、他人に相談するにも勇気がいります。しかし、正しく処置して対策を立てれば、治す事ができるのです。

EDは「Erectile Dysfunction(エレクタイル・ディスファンクション)」を略した呼称であり、勃起不全の事を言います。その意味する所は、男性器の機能低下です。男性器が勃起状態にならない、勃起しても硬さが不充分だったり中折れしたりしてしまう、興奮状態を長時間保てないなど、性行為の妨げになる性機能障害の1つが、勃起不全です。


EDと性機能障害は何が違うのか

ED以外の性機能障害にはインポテンツ(インポ)がありますが、この2つには意味や症状などの点に違いがあります。現在EDのものとされている症状も、かつてはインポテンツと一括りにされていました。しかし、インポテンツという言葉自体、今ではほとんど使われなくなっています。それでも完全に消えたわけではありません。場合によっては男性不妊の症状を指してインポテンツと呼んでいます。

適正な治療を行っていけば勃起不全は治ります。今まさにEDの悩みを抱えている人にとって大事なのは、原因の追求と治療です。

そしてEDの治療で重要なのは、どんな風に性機能障害が引き起こされるのかについて知る事です。

男性器に異常をもたらしている原因が判明すれば、それに合わせた対策が立てられるでしょう。

性機能障害とは

EDについてもっと理解を深められるように、性機能障害とどのような繋がりがあるか、インポテンツとはどう違うかについて詳しく解説します。充足感のあるセックスができない状態の事を性機能障害と呼びます。

具体的な症状は、勃起が不可能、勃起状態を保てない、射精が不可能、性欲が湧かない、オルガズムに到達する事が不可能、などです。EDの中でも、勃起状態を保てなかったり硬さが不充分だったりするものは性機能障害に含まれます。

性機能障害の症状として最も多いのが射精関連で、早漏、逆行性射精、無射精などがそれに当たります。

射精障害の詳しい症状をそれぞれ解説します。早漏とは、性行為の際に挿入から射精までの時間が1分に満たない症状の事です。原因は男性器の感覚過敏と、セロトニンが脳に分泌される事の2つです。

逆行性射精は、精液が出てこずに陰茎内へ逆流する症状の事を言います。これによって不妊症が引き起こされる場合もあります。原因として考えられるのは、脊髄の損傷、前立腺の病気、糖尿病などです。無射精を発症する原因は逆行性射精と同じです。

以上3つの症状は、病気の他疲労やストレスなどでも深刻化する危険性があります。

性機能障害の原因は1つとは限りません。肉体的・精神的な要因が複数絡み合う事で発症するのです。

勃起はどのように起こるか

EDは男性の自信低下を招く要因です。ところで、EDと通常の勃起状態との違いは一体何なのでしょうか。男性器がちゃんと勃起せず、硬度が不充分だったり中折れしたりしてしまうのは、男性としての機能に重大な欠陥がある事が原因ではないのです。

EDになる本当の原因は、勃起する際に生じる体内物質のバランスが壊れる事です。通常、男性器が勃起している時は、性的な刺激を引き金として脳が信号を陰茎に送り、男性器に血液が集中します。そして集中した血液によって男性器は勃起し、挿入できる程の硬度になるというわけです。

ちゃんとした勃起のために重要なのが陰茎の硬さです。アメリカで生まれたEHSによれば、陰茎の硬さは、果物で言えばリンゴ程の硬度なら性行為を行うには充分だとされています。EDだとスムーズに勃起状態への移行ができず、陰茎の硬度をリンゴ程度に維持する事も困難です。

また、硬さを維持できなければ挿入したままの状態を保つ事も難しくなります。

その場合男性器は性行為の半ばで膣圧に押されて抜けてしまうでしょう。EDについての理解を深めるために重要なのは、勃起がどのようにして起きるのかを知る事です。

ここからは、勃起の仕組みと陰茎の硬度の指標に関する詳細な解説を行っていきます。

EDの治療において重要となるのが、「男性器の勃起」と「勃起状態の維持」、これらの仕組みについて理解する事です。勃起の仕組みを知るために、まずは男性器の内部構造を再確認します。男性器を構成するのは、尿道海綿体1本とその左右に存在する陰茎海綿体2つです。

この左右の陰茎海綿体が勃起において重要な役割を果たします。想像や聴覚、嗅覚、視覚、味覚などによって男性が性的に興奮すると勃起中枢が作用します。

そして男性器内の海綿体に多くの血液が流れ込み、陰茎が硬度を増して勃起状態になるのです。通常であれば射精もしくは性的刺激の消失によって、海綿体に集まった血液が出ていくまで勃起状態は保たれます。しかしEDだと、射精するより先に陰茎が硬度を維持できずに中折れする場合があるのです。

中折れの原因は、勃起を保つ物質・勃起を静める物質双方のバランスが崩れている事です。cGMP(環状グアノシン一リン酸)と呼ばれる血管拡張物質によって勃起状態は保たれます。これをPDE5(ホスホジエステラーゼ5)と呼ばれる物質が破壊する事で陰茎は勃起から通常の状態に戻るのです。

本来なら性的興奮の沈静化を契機にPDE5がcGMPの破壊を始めます。しかしEDだとcGMPの量がまだ多くない内にPDE5が作用してしまうのです。

すなわち、勃起を抑制するPDE5こそがEDの重大な原因と言えるのです。

硬さの基準

EDの症状の中には、充足感のあるセックスをするために充分な陰茎の硬さを保てない、というものも存在します。そこで、陰茎の硬度を計る指標であるEHSを理解して、勃起状態を保つのに役立てましょう。EHSとは、「Erection Hardness Score(エレクション・ハードネス・スコア)」を略した呼称です。

このテストによって、勃起状態の陰茎がどれ程の硬度を持っているのかをセルフチェックします。

アメリカで生まれた評価スケールであるEHSは高い信頼性を誇っており、日本の医療現場にも取り入れられています。硬度を表す指標は全5段階です。これで、勃起した陰茎がどれ程の硬さを持っているのかを計ります。セルフチェックして、自分がEDか否かを確かめてみてください。

食べ物に例えて具体的なイメージをつかみやすいようにする事も可能です。

分類はそれぞれ、陰茎が全く膨張しないものがグレード0、膨張はするが硬度がないものがグレード1(こんにゃく程度の硬度)、硬度はあるが挿入が困難なものがグレード2(みかん程度の硬度)、硬度はあるが不完全なものがグレード3(グレープフルーツ程度の硬度)、充分な硬度を保っているものがグレード4(リンゴ程度の硬度)となっています。

グレード3より下で挿入が困難なら、EDとして治療の必要が出てくるかもしれません。


おすすめ記事一覧

-他のED治療薬

Copyright© レビトラジェネリック通販情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.