レビトラについて

多種多少なレビトラのジェネリック医薬品

更新日:

多種多少なレビトラのジェネリック医薬品

私たちの生活にとって、ジェネリック医薬品は欠かせないものとなっています。ジェネリック医薬品とは、従来使われていた「先発品」の特許期限満了の後、同じ成分を用いて作られた薬のことです。開発に掛かる時間は短く、効果は先発品と変わりません。

ジェネリック医薬品のメリットは、なによりもその価格にあります。薬の開発には莫大な費用が必要ですが、それが大きく減じているからです。

海外では多く販売されているレビトラジェネリック

ED治療薬「レビトラ」には、日本で流通しているジェネリック製品が存在しません。国際特許が満了しておらず、ジェネリック医薬品を製造することができないのです。

しかし、世界にレビトラジェネリックが存在しない訳ではありません。例えばインドでは、レビトラジェネリックを含む、多くのジェネリック製品を開発しています。日本では、製法や効能、成分、服用方法(量)を合わせて、医薬品の特許としています。

しかし、インドの特許では製法のみとなっています。製法を変えることで、ジェネリック製品を生み出しているのです。こういった理由から、インドでは様々なジェネリック製品が生み出されています。

インド製ジェネリック医薬品は、しっかりとした臨床試験を突破し、「国境なき医師団」で使用されるほどの安全性です。ジェネリックを専門とする会社もあり、廉価な薬を求める人も多いことから、世界中で使用されています。勿論、日本でも個人輸入を通じて、購入することができます。

個人輸入は便利ですが、危険と隣り合わせでもあります。世界には偽物が出回っていることや、薬と相性が悪い可能性があるからです。副作用や相性の悪さなどを、私達専門知識を持たない人間が判断することは至難の業です。

しかし一般的に国内の医師は、認可外のジェネリック医薬品を処方しません。そのため、国内で認可を受けていないジェネリック医薬品を使用する場合は、自己責任の下、充分な注意が必要です。

レビトラジェネリックの種類

現在流通しているレビトラジェネリックには、数多くの種類があります。

ドイツのサンライズレメディーズ社は「ジェビトラ」という商品を販売しています。主成分はバルデナフィルで、含有量はレビトラと変わりません。飲酒しても効果が減じにくく、水溶性が高いという特徴を持ちます。

値段設定としては、ジェビトラ20mgが10錠で2000円程になります。これは正規のレビトラの、約1/10にあたります。20mg錠だけではなく、日本人では通常服用しない40mgや60mgなどの、大容量のものも発売されています。

インドのセンチュリオン社は、「ブリトラ」という薬を発売しています。やはりレビトラと比べると、廉価な商品です。

価格は安いながら、効果効能、服用方法は本家のレビトラと変わりません。同じような感覚で服用することができます。

レビトラとバイアグラを掛け合わせたED治療薬も存在します。高い人気を誇る「シルビトラ」という薬で、即効性に優れ、強力に勃起をサポートしてくれます。正規品の用法用量を守っていれば、剤型や服用方法に制限がないのがジェネリック医薬品なのです。

人気のレビトラジェネリック

ゼリータイプで10分で効果発現するジェビトラゼリー

レビトラは元々、即効性を売りにしたED治療薬です。しかし、より早く効くレビトラジェネリックも販売されています。

例えば、「ジェビトラゼリー」という薬が挙げられます。ゼリー状なため吸収しやすく、服用後10分程度で効果が現れます。劇的な即効性を持ちますが、利点はこれだけではありません。

ジェビトラゼリーは錠剤と異なり、服用の際、水が必要ありません。それぞれ個包装されており、持ち運びしやすいものとなっています。シーンを問わず、服用しやすくなっているのです。

ジェネリック医薬品の中には、先発品の弱みを補完したものも見受けられます。レビトラは服用後15~30分程で効果が現れるなど、ED治療薬の中でも即効性があります。この即効性をより補強したものが、上記に挙げたジェビトラゼリーのような薬で、より体内に吸収されやすく、即効性を重視したものが開発されたのです。

残念なことにレビトラジェネリックには、未だ日本で認可を受けたものはありません。日本的に考えると、違法な製造医薬品ということになってしまいます。ED治療で安全性を重視するのであれば、病院で処方される、従来のED治療薬を使うのが、最善の方法です。

一番人気のバリフ

数あるレビトラジェネリックの中でも、最も高い知名度を持つのが、「バリフ」という薬になります。インドのアジャンタファーマ社が開発し、バルデナフィルを有効成分として用いています。

バリフが高い知名度を持つ訳として、2つの理由が挙げられます。

1つ目は、アジャンタファーマ社が高い実績を持つ、大手の製薬会社であることです。アジャンタファーマ社は元々、ジェネリック医薬品の開発で有名です。例えば、バイアグラジェネリックのカマグラゴールドや、シアリスジェネリックのタダリスSXなどがあります。いずれもED治療薬として、高い効果や実績を持っています。

2つ目は、バリフはジェネリック医薬品特有の、剤型にこだわらない飲みやすさを追及している、という理由になります。

バリフは、タブレット状のものとゼリー状のものの2種類が販売されています。両者ともに様々な味を揃え、薬の風味に対しても工夫が凝らされています。特にゼリータイプには、オレンジ、パイン、バナナ、ミント、イチゴ、バタースコッチ、カシスなど、7種類の味が存在します。

バリフなどのレビトラジェネリックは、非常に魅力的な薬です。しかしいくらインド国内で合法でも、日本では認可されていない薬でもあります。使用の際は自己責任になりますので、ご注意下さい。

レビトラジェネリックを選ぶメリット

安価で購入できることが魅力のレビトラジェネリックですが、特許期間の関係で、国内では流通していません。

しかし、正規のレビトラは1錠1500~2000円程と高く、病院を受診することでしか手に入れることができません。例え処方を受けられたとしても、手にできる数は必要最小限に留まります。

高いものをそのままで購入するよりは、同じ効果のものをより安く、より便利な形で購入したいと思うのが人情です。日本ではそうして、ジェネリック医薬品が広まってきました。

日本でのジェネリック医薬品の歴史はまだ浅く、普及の背景として、増大する医療費が国を悩ませていたことが挙げられます。ジェネリック医薬品は決して恐ろしいものではありません。しかし、使い方を間違えると、不具合が起こる可能性もあります。使用の際は、薬に関わる知識を持ち、安全入手方法を探りましょう。

いずれにしても、レビトラが初めての方は、個人輸入は避けるようにしましょう。ED治療クリニックを訪れ、専門家の意見を参考にすることが、自身の体にとっても安心です。


おすすめ記事一覧

-レビトラについて

Copyright© レビトラジェネリック通販情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.