有効成分バルデナフィル

レビトラの成分バルデナフィルのED改善効果

更新日:

レビトラの成分バルデナフィルのED改善効果

勃起というのは健康な男性にとっての生理現象であり、陰茎動脈に血液が流入し、陰茎海綿組織(スポンジのような組織)に血液が充満することによって起こります。

陰茎に体内の血液が集中し過ぎてしまうと、脳をはじめとした他臓器の血流量が減少してしまうため、長時間の勃起により健康被害を起こすことがあります。健康な陰茎では性的興奮と刺激により勃起状態となり、射精し性的興奮が収まると陰茎動脈への血液量が減少するように酵素が働き勃起が終わります。

EDには実に様々な要因がありますが、この勃起を抑える酵素が深く関係しています。器質的EDでは、陰茎への血流を妨げ勃起を抑えるPDE5という酵素の働きが強く、性的興奮状態にあっても勃起が困難になるいうことが分かっています。

ED治療薬『レビトラ』の有効成分バルデナフィルはこのPDE5の働きを妨げることで陰茎への血流増大を促し、勃起を治療するという働きがあります。バルデナフィルはシルデナフィル(『バイアグラ』の有効成分)と比較すると水に溶けやすく、早く効き、効き目も強いと言われています。

よって日本国内で現在ED治療薬として承認されている3種類の成分『シルデナフィル』、『バルデナフィル』、『タダラフィル』の中でバルデナフィルは最も治療効果の高い薬と言われています。しかしEDの大きな原因が精神的なものによる場合は、薬の効果に個人差があり効き目を実感しにくいこともあるので注意してください。

バルデナフィルの勃起を維持させる働き

勃起開始から射精、勃起終了に至るまでに身体の中で起こっている機序を詳しく解説します。視覚や触覚、嗅覚といった五感や想像から性的な刺激を受けて脳が興奮すると、脊髄を介して陰茎に勃起をするよう信号が送られます。

その際に『サイクリックGMP(グアノシン一リン酸)』という物質が血中に放出されます。サイクリックGMPは血管を拡張する作用があり、陰茎動脈の血流量が増えて勃起に至ります。

性的な刺激により脳が興奮している限り、射精時までこのサイクリックGMPが陰茎や前立腺周辺の血液中に増え続け、勃起状態を維持させることができます。そして無事射精を迎えると、今度は反対に勃起を終わりを促す『PDE5』という酵素が陰茎動脈や前立腺周辺に放出されます。

PDE5は血管の収縮や拡張に関係する平滑筋の細胞に多く含まれている酵素です。PDE5は勃起を促すサイクリックGMPを代謝して破壊する作用があり、これにより血管は収縮し陰茎の血流量は低下します。このようにPDE5が働くことによって、勃起状態が必要以上に継続することなく終了するというメカニズムになっています。

器質性EDの人では、血液中のサイクリックGMPが少なく、PDE5の方が多く存在しているため勃起不全を起こすということが分かっています。レビトラの有効成分であるバルデナフィルはPDE5を阻害する働きがあるため、薬の効果が現れている間は勃起を持続しやすい状態をキープできるのです。

バルデナフィルの他の作用

日本国内ではバルデナフィルの特許は切れていないので、レビトラしか販売されておらず後発品はありません。ただし、PDE5阻害剤と呼ばれるED治療薬の成分は血管拡張作用があるため、ED以外の疾患に対しても効果があり、他の薬名で処方されています。

タダラフィルというPDE阻害剤を含むシアリスという薬名のED治療薬があります。

タダラフィルは肺高血圧症に有効であり、収縮・拡張心不全の肺血行動態を有意に改善したと注目されその知名度を挙げました。糖尿病や心不全といった動脈硬化を伴う生活習慣病においては、脳血管や心血管は年を重ねるごとにダメージを受けます。

バルデナフィルは即効性が特徴で持続性は低いのですが、同じED治療薬であるタダラフィルにおいてはゆっくりと効き目を発揮し持続性に優れているため、血流改善の効果を見込める治療薬として他の疾患においても研究・開発が進められてきました。

バルデナフィルは単に勃起を補助するだけでなく、身体のその他の部位においても治療効果を発揮します。バルデナフィルは医学的に見るとまだ新しい成分ではありますが、その効果には多くの方面の信頼性を得ており、これから様々な疾患の治療に役立つ可能性があるとして一目置かれています。

心血管系への作用も持つバルデナフィル

バルデナフィルはバイアグラの有効成分シルデナフィルの欠点を克服すべくED治療薬として開発されました。

元々シルデナフィルが狭心症や肺性高血圧症の治療薬として開発されていたということもあり、薬理作用が類似しているバルデナフィルも冠動脈の血流改善が見込まれるとして研究され、実際に他の薬名で狭心症・肺性高血圧症治療薬として販売・処方されるようになりました。

肺性高血圧症の治療薬としては、『アデムパス』という薬名で使用されています。

また、バルデナフィル(レビトラ)は硝酸剤や抗不整脈剤、慢性血栓性肺高血圧症の治療を受けている人に対しては併用禁忌となっており、服用できません。

狭心症や不整脈が起こった際に、ニトログリセリンなどの硝酸剤が服用されることがありますが、レビトラを併用してしまうと血圧が急激に低下する恐れがあり、重大な健康被害をもたらす危険性があります。

併用禁忌については、心疾患の治療中の人はED治療薬との併用ができない可能性が高いため、事前に必ず主治医または処方医に相談するようにしてください。お薬手帳を携行し、受診時や調剤薬局での処方時には確認してもらうようにすると良いでしょう。


おすすめ記事一覧

-有効成分バルデナフィル

Copyright© レビトラジェネリック通販情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.