EDについて

EDのセルフチェックの方法

更新日:

EDのセルフチェックの方法

男性ならば誰にでも起こる可能性のあるED(勃起不全)ですが、一体EDとはどんな状態のことなのか、自分はEDなのか、基準はあるのか、そんな疑問をお持ちになったことはありませんか?

タイミング悪く勃起しなかったり維持できないと、気持ちは焦ってきますが、その日はたまたま心身のコンディションが悪かっただけ、ということも大いに考えられます。

だからと言ってEDを否認したいがために、治療をしなくければあっという間に悪化します。ここでは、セルフチェックで簡単にご自分の勃起状態を確認できるED診断をご紹介します。

もしも結果がEDの疑いと診断されても深く悩む必要はなく、逆に早期発見により早めに適切な治療が受けられるため、早期改善につながるという希望が持てます。

それでは、タイミングを見て早速チェックしてみましょう。

セルフチェック法、 SHIMスコアとは

セルフチェックでは『International Index of Erectile Function(国際勃起機能スコア)』、通称IIEFと呼ばれるものが使われます。

このスコアは世界共通で、ED治療の効果を判定する際の国際基準として利用されています。

いくつかの設問に対し、それに該当する回答を選び、そのスコアでEDかどうかを診断していきます。勃起時の硬さや維持の可否など、自分では判断しにくい症状もスコアで表すため分かりやすいです。

IIEFには『IIEF』『IIEF5』『SHIM』と3タイプあり、その違いは設問の数や回答内容です。

『IIEF』は設問数が15問、回答欄の選択肢には「性行為をしていない」「性的刺激がなかった」などが含まれます。『IIEF5』は設問数が5問、性行為をしていない場合の回答がなく、それが 『IIEF』と異なる点です。『SHIM』は設問数が5問、回答欄に性行為をしていない選択肢があります。

日本性機能学会の公式ホームページに、3タイプのチェック表は掲載されており、手早くチェックしたい場合、性行為を長らくしていない場合など、ご自分の状況に合わせてチェック表を選択できます。

他国に比べ日本は、セックスレスのカップルが多いといわれています。ほかにも特徴として、恋愛に消極的な男性が増えていることが挙げられます。

日本では主に『SHIMスコア』が使われていますが、それは「性行為をしていない」という選択肢が日本人に必要なためです。SHIMスコアでは、次の5問でセルフチェックしていきます。

  • 勃起をして維持する自信はどの程度あったか
  • 勃起時の硬度は、挿入可能だったか
  • 性行為中にどのくらいの頻度で勃起状態を維持できたか
  • 性行為中から終了するまで勃起を維持するのがどのくらい困難だったか
  • 満足した性行為ができたか

どの設問にも回答として5~6個の選択肢があり、ご自分の状態に当てはまるものを選びます。選んだ回答には点数が設定されており、合計点数でEDの疑いや症状の程度を判断します。

満点は25点で、21点以下の場合、EDの疑いが高いと判断します。注意すべき点は、22点以上の結果だからと言って、EDではないと断定できないことです。

SHIMスコアは、自分の現状を知るための目安にはなりますが、結果が正しい診断とは限りません。自分の症状に不安や悩みがある時は、結果に関わらず医師に相談してください。

SHIMのEDセルフチェックは次のようになります。

判定結果の解説

EDの疑いあり

SHIMスコアでセルフチェックをおこなった結果、合計点数が21点以下(25点満点)の場合、「EDの疑いがある」と判断されます。注意点としては、SHIMスコアは簡易的なものなので、21点以下は「すべてEDだ」と判断しないことです。

しかし、21点以下ではEDを発症している、あるいはED予備軍の確率は高く、結果により早めに医師に相談した方が賢明です。合計点数が21点以下の場合は、さらにその点数により『軽度ED』『中等度ED』『重度ED』の3段階に分類されます。

自分の症状の度合いを知る目安として確認してみてください。

軽度ED

『軽度ED』は、合計点数が17~21点の場合に可能性があります。

軽度EDは「勃起に困ることはほとんどなく、性行為が満足にできる」状態です。この際の勃起は、「勃起時に十分な硬さがある」「勃起状態が性行為終了まで維持できる」ことを言い、単に勃起するだけでは不十分です。

軽度EDならば、改善できるケースが多く、生活習慣の見直しやバイアグラなどED治療薬の服用で治療していきます。早い段階で治療を始めると、改善率はさらに高くなります。

中等度ED

『中等度ED』は、合計点数が8~16点の場合に可能性があります。

中等度EDは「ときどき勃起が不十分で、満足な性行為ができない」状態です。「ときどき勃起しない」「ときどき中折れする」など、毎回ではないものの少し違和感を持ち始めた場合です。

中等度EDも改善はでき、生活習慣の見直しやED治療薬の服用で治療していきます。特に中等度までなら、すぐに薬での改善も可能なため、まず試してみることをおすすめします。よく聞くバイアグラは、ED治療薬中もっとも有名で、勃起薬として強烈な効果が期待できます。

しかし合計点数により、同じ中等度EDでも症状の程度は異なります。

たとえば、合計点数が16点の場合なら「中等度EDの可能性はあるが症状はまだ軽い」と判断できます。その反面、合計点数が8点の場合は「どちらかというと重度に近い中等度ED」と判断する必要があります。

重度ED

『重度ED』は、合計点数が7点以下の場合に可能性があります。

重度EDは「正常な勃起はほとんどなく、性行為をするのがむずかしい」状態です。重度EDでは「勃起すること」「性行為中の勃起の維持」が著しく少なくなります。

重度EDの場合、生活習慣の見直しやED治療薬の服用だけでは改善が望めない可能性が高まります。ED治療薬は、正常な勃起を促すため陰茎への血流を増やす薬ですが、重症の場合は有効成分が十分に作用しないため、治療にもより具体的方法が必要です。

治療法としては、ED治療専門の医療機関で診察を受け、陰茎に直接薬剤を注射するICI治療や、症状に合った外科的治療を検討することになります。

また、合計点数が1~5点の場合「性行為をしていない」「性的刺激がなかった」という回答を複数選択しているはずです。その場合、性行為の経験が少なく診断が不可能なことも考えられるため、点数によりすべてが重度EDの疑いがあるとは言い切れません。

しかし、性欲の減退や神経の損傷により「性欲が湧かない」「性的興奮を感じない」ということもあり得ます。

まずは、医療機関で診察を受けることをおすすめします。

早期治療がED症状の悪化を防ぐ

先に述べたように、EDの疑いがあるのは、セルフチェックにてSHIMスコアが21点以下の場合です。

EDの定義は、勃起が不十分で満足な性行為ができないこととされ、勃起がまったく起こらない状態のことではありません。そのため、パートナーとの営みに自信が持てなくなったら、早めに医療機関などに相談してみましょう。

勃起が十分できないことで「恥ずかしさ」「自分だけではないか」「治療しても治らないかも」と、悲観的になっている方もいると思います。

しかし心配は無用です。現代は、EDは薬でしっかりと治療でき、性生活の潮時も自分で決定することができる時代です。早期改善のためには、一日も早い治療が大切です。悩みを解消し、性生活を満足のいく豊かなものにしていきましょう。


おすすめ記事一覧

-EDについて

Copyright© レビトラジェネリック通販情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.