レビトラについて

レビトラの飲み方は1日1回空腹時が効果的

更新日:

レビトラの飲み方は1日1回空腹時が効果的

ED(勃起不全)とは身体的な要因や精神的な要因が大きく関係します。完治させるためには、元となる原因を追及して排除し、ライフスタイルやストレス環境を改善する必要があります。

ED治療薬を服用することによってEDが完治することはありません。あくまで、十分な勃起のサポートをしてくれる一時的なものです。

ED治療薬の種類によっては、食事内容やアルコール摂取による影響を受けてしまうものや、病歴や常服薬によって注意が必要、もしくは服用禁止とされることもあります。

思わぬ事故や健康被害を防ぐためにも、効果が発現する目安の時間や、注意事項、併用禁忌の有無などもしっかり確認し、うまく付き合っていきましょう。


レビトラの作用時間は薬4~5時間

「ED治療薬」とひとことで言っても、その種類は多岐に渡ります。

現在、日本で処方されるED治療薬を大きく分類すると3種類になります。その3大ED治療薬とは、バイアグラ、レビトラ、シアリスです。

一番歴史があるバイアグラは、誰もがその名を知っていると言っても過言ではないでしょう。世界でもその名は知られていて、知名度だけで選ばれるのではなく、その確かな効果からも支持されています。

服用してから約30分~1時間で効果が現れ、約4~5時間持続します。デメリットとしては、食事の影響を受けやすいという点が挙げられます。

レビトラは、個人差もありますが服用してから約15~30分で効果が現れます。3大ED治療薬の中では1番即効性がある治療薬です。その効果の強さでも人気があり、バイアグラと同様4~5時間持続します。こちらも、バイアグラ程ではありませんが食事の影響はやや受ける傾向にあります。

最も新しい治療薬であるシアリスは、食事の影響を全く受けません。また、従来のED治療薬よりはるかに効果が持続します。服用量によっても変わりますが、最大持続時間は約36時間にも及びます。しかし効果の出現は服用してから約1時間と、比較的ゆっくりしています。

このように、3種類の治療薬の中でも得意・不得意とする所があります。

いずれも性行為の1時間前に服用すれば効果は得られますが、自分のライフスタイルや使いたいシーンに合わせて選択しましょう。

服用する方とED治療薬の相性もありますので、様々な種類を試してみても良いですね。

レビトラは1日1回1錠、空腹時に飲むと良い

レビトラを飲んで十分満足できる効果を得るためにも、しっかりと確認してから試しましょう。

レビトラは、ドイツのバイエル薬品という製薬会社によって開発されたED治療薬です。バイアグラのデメリットを補っていて、まさにバイアグラの改良品とも言えるでしょう。

バイアグラは食事内容によって、その効果に違いが出てしまうという弱点がありました。これは、薬の成分が胃で吸収される際に他の食べ物を消化している途中だと、上手く成分を吸収できないからです。

その点レビトラは、食事によって効果の差が出にくくなっています。しかし、全く影響がないという訳ではありません。

満腹まで食事をした場合、ハイカロリーな食事をした場合、アルコールを摂取した場合、空腹時に服用した場合など、服用する状況によって効果の差があります。食後に服用すると効果が発現されないという訳ではありません。油ものを控えるなど、あっさりとした食事内容であれば薬の効果に影響は出にくいとされています。

食事の内容も大切ですが、一番重要なのは服用のタイミングです。最大限の効果を得るためには、空腹時の服用がベストでしょう。

性行為の前に、食事を楽しむといったシーンはよくあることです。その際は、食前に服用することをおすすめします。

他のED治療薬同様、1回1錠を水かぬるま湯で飲む

レビトラの形状は錠剤で、水かぬるま湯で服用します。錠剤タイプはサッと忍ばせることができ、持ち運びも便利です。即効性が強みで、その効果は服用後約15~30分で現れます。性行為直前の服用でも十分に役立ちますね。

レビトラは10mgの服用であっても持続時間は約4~5時間とされています。レビトラの最大摂取量は20mgとされていて、最低でも24時間の間隔をあけなければなりません。また、過剰摂取による効果の増大は期待できず、副作用の危険性を高めます。

服用間隔については、レビトラ以外のED治療薬でも同じことが言えます。基本的に24時間以上の服用間隔はあけるようにしましょう。

ED治療薬の中には、レビトラの後に開発され、服用量によっては最大36時間の効果が持続するシアリスというものもあります。こちらに関しても24時間後の服用であれば問題ないようです。どんな種類であっても、効果を感じ続けるようであれば様子を見ながら服用間隔をあけて下さい。

有効成分バルデナフィルは食事の影響を受けにくい

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、服用してからすぐに体内をめぐり、約45分で血中濃度がピークに達します。その後は、緩やかに血中濃度が下がるので最大限に効果を得たい方はその時間に合わせて服用すると良いでしょう。

バルデナフィル10mgを摂取した際、個人差はありますが約3~5時間後に半減期に入ります。

半減期とは、効果が半分になる時間ではなく、血中濃度の最頂点から半分まで下がったタイミングの事を指します。効果が切れ始めるタイミングとも言えるでしょう。

年齢や服用したタイミングなど、さまざまな環境によって薬の代謝が変わります。前述した効果に関しての時間は目安と捉えましょう。

これらの特徴からも、レビトラは性行為になるべく近い時間に服用することがおすすめです。

効果の持続時間に不安があるようでしたら、前もって自分の持続時間がどの程度か把握するために試してみても良いと思います。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

おすすめ記事一覧

-レビトラについて

Copyright© レビトラジェネリック通販情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.