他のED治療薬

副作用がないバランスタイプのED治療薬ステンドラ

更新日:

副作用がないバランスタイプのED治療薬ステンドラ

ステンドラは、レビトラやシアリス、バイアグラに対して4番目の勃起不全の薬として脚光を浴びています。

これまでの薬を用いると患者の勃起不全の症状が70%以上も軽減されていましたが、改良や開発が進み、ステンドラにはより良い効果が期待されています。

はじめにアバナフィルという有効成分を有するステンドラの効果と効能を説明しましょう。

効果と効能を同じ意味として捉えがちかもしれませんが、元は別の意味です。効能は良い影響を及ぼす物質がもつ働きをいい、効果はある物質が働きかけをすることにより得られる良い結果のことです。


勃起不全を治すステンドラの効能

勃起不全は以下の症状がみられます。

  • 勃起し射精に至るまでの時間が短い
  • 挿入できたとしても勃起がキープできずに途中で終わってしまう
  • 挿入に耐えるだけの陰茎の硬度が得られない
  • 射精できない(遅漏)
  • インポテンツと呼ばれるまったく勃起ができない状態になる

アバナフィルを有効成分に含むステンドラの使用では、このED症状のうち1点でも良い結果があれば勃起不全の症状を軽減するための効能ありと判断します。医薬品が治験を通じて検査され市販に至るには、国による承認が必須で、その過程の費用も莫大にかかります。

また治験においては、治験を受けた人のうち半数より、多くの症状改善がないと効能があるとはいえず、医療機関での処方もできません。

ただ、薬の効果や効能は人それぞれであり、実際に服用しないとわからないことも多々あるため、初めて服用するときにはその効能が出ることを望みながら、結果として薬の効果を確認する作業が必要でしょう。

ステンドラはED症状の軽減に高い効能が望める薬で、その即効性や効能もバルデナフィルを成分として有するレビトラに肩を並べる効果があると注目されています。

個人輸入の代行業者から薬を手に入れる人もいるかと思いますが、日本語で書かれた薬取扱い書が添付されているか、ネットを通してその薬の詳しい取り扱い説明書が見られる業者を選びましょう。ただし効能とは薬を適切な方法で服用して得られるますので、薬取扱い書の用法を守ってください。

ステンドラの持つ80%以上のED改善効果

ステンドラに見られる効果は何でしょうか。それはED症状を改善させる効果です。詳しくは、ステンドラの治験が行われた結果、EDのさまざまな症状のいずれかに改善の様子が見られたということとなります。

レビトラと比べると、臨床検査においては効能にさほどの違いはなく、ED症状の改善には約80%程度の良い影響があるとして良いでしょう。

臨床検査が欧米で行われ、レビトラの副作用はシアリスに続いて多くないことが分かりました。

以上のステンドラに対する臨床検査の効果を考えると、この薬の特徴としては「高い効能がありバランスが良い」薬といえるでしょう。

しかし、現在でもシルデナフィルを成分に有するバイアグラやバイアグラジェネリックが世界的にも最も使用されており、このステンドラはアメリカにおけるFDAにて2012年に認められた新しい薬であり、その安全性には今後も注意が必要です。日本で承認を受けるにはさらに時間を要するでしょう。

効果や効能を考えると、EDには器質性ED(外傷や身体疾患が原因)と心因性ED(精神的ストレスが原因)と2種類あり、とくに心因性EDはPDE5の働きを阻害する薬を服用しても効果がよく認められないことがあります。その場合は、心理的な要因を特定するために心療内科や精神科の受診が適しているでしょう。

ステンドラの薬効薬理

さて次に薬効や薬理について説明します。そもそも薬効薬理とは、臨床や動物の実験などのいろいろなタイプの試験により、その薬がどんな効果を有するのか確認したデータです。

薬が承認を受けるには、この薬効薬理効果はアメリカのFDAや日本の厚生労働省が最も重視する情報です。結果だけでなく、試験の実施方法も重視されます。

日本ではアバナフィルは正式認可を受けておらず、詳しく書かれた薬のエビデンスも英語バージョンしかありません。

それぞれの医療機関で認識されているアバナフィルの薬効薬理のエビデンスを元にアバナフィルについて説明をします。

薬服用後の効果からバルデナフィルの成分を有するレビトラは服用してから効果出現まで30分を要しますが、これまでのED薬と比べると効果が出るまで早いとされていました。しかし、アバナフィル200mgを使用した場合は、効果は15分で出現します。

ほかのすべてのED治療薬にいえることは、陰茎にある動脈に血液が流れるのを妨ぐ酵素のpホスホジエステラーゼ5(PDE5)の働きを弱める作用があることです。これはステンドラもバイアグラもすべて同じ薬効薬理ですが、アバナフィルを有するステンドラは、これらの効果がほかと比べて最も早く出るといえるでしょう。

さらに、PDE5阻害薬が影響を受けやすいものに食事があり、飲食物に含有される脂肪分によって、バルデナフィルやシルデナフィルは吸収されやすく、性行為から食事までの時間を逆算して服用時間を決める必要がありました。

このアバナフィルは効果が出るまで15分という速さのため、時間にそれほどとらわれることなく使えるのが一番の特徴といえるでしょう。ただし、服用には食後2時間を経ている必要があります。

ステンドラのED改善効果を実証する医学的データ

ステンドラに含まれる有効な成分のアバナフィルは、200mgの服用で最も速くて15分ほどで血液中に含まれる成分の濃度が最も高くなり、ED症状が軽減される効果がありました。

それ以外の用量だと、50mgに関しては45分から1時間程度、100mgの服用だと30分で効果が出現するため、その効果の即効性をのぞむなら、100mgの服用開始がよいでしょう。

ステンドラはこれまで食事の影響を受けにくいと指摘されてきましたが、英語バージョンのエビデンスによると以下のように記されています。

  • ステンドラ200mgを高い脂肪分を含む食事と摂取したとき、最高血中濃度到達時間(Tmax)は1.12時間から1.25時間に延び、最高血中濃度(Cmax)は39%の減少を示す

Tmaxとは薬が身体に投与されてからその成分の濃度が血中で最高値になるまでに要する時間をいい、Cmaxとは有効な成分が血液中で最高と認められる濃度をいいます。

バイアグラと比較するとバイアグラは食後の服用で1.8時間Tmaxが延び、42%Cmaxは減るという薬ですので、ステンドラはある程度薬の改善は示されるものの、大きな改善ではなことがお分かりいただけるでしょう。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

おすすめ記事一覧

-他のED治療薬

Copyright© レビトラジェネリック通販情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.