他のED治療薬

副作用がないアジア人向けの勃起薬ザイデナ

更新日:

副作用がないアジア人向けの勃起薬ザイデナ

韓国発のED(勃起不全)治療薬として、ザイデナという薬があります。

2005年に発売されて以来、現在でもアジアを主として、その売れ行きは留まるところを知りません。効果と即効性に優れ、性行為前の服用で良いという簡単さから、利点の多い薬と言えるでしょう。

アジア発のザイデナのED改善効果は確実で、新しい薬ながら世界に知れ渡ってきています。治療の難しかったEDも、バイアグラやレビトラ、そしてザイデナといった、優秀な治療薬が生まれている現在、EDは治療可能な病気です。


ザイデナの血管拡張作用とPDE5阻害の効能

ザイデナがどのようにED症状を改善していくか、その効能は2つに分けられます。

1つ目は、血管を広げ、血流を改善することです。そしてもう1つは、PDE5酵素の働きを妨げることになります。「効能」という言葉は、望ましい結果に至るために必要な動作や、作用を表します。

効果が最終目標地点であるならば、効能は効果を起こすための過程と言うことができるでしょう。

分かり易く、車で例えてみましょう。アクセルを踏むとエンジンが動き、タイヤが回り始めます。これが効能です。

アクセルを踏む、エンジンが動くといった効能があって初めて、「車の走行」という効果が現れます。効能のどれをとっても、効果を出すためには必要不可欠なのです。

男性器が勃起するためにも、いくつかの工程を踏まなければなりません。EDとは、それらの工程に不具合が起き、勃起に異変が起こった状態なのです。

ザイデナはその工程を、スムーズに進めてくれるものとなります。勃起の為には、陰茎に大量の血液が流れ込まなければなりません。加齢や病気で陰茎の血流が滞ったとき、EDが発症します。

ここでザイデナの血流改善作用が、実力を発揮してくれます。

陰茎内部のPDE5酵素は、勃起状態を平常時に戻す役割を担います。この酵素の働きによって、充分に勃起できない、中折れという症状が出てしまいます。

ザイデナはこの酵素を阻害し、勃起とその維持を助けてくれます。

ザイデナの勃起促進によるED改善効果

では、ザイデナの効果とはどのようなものでしょうか。

ザイデナの効果は、「ED症状の改善」です。服用することで、性行為を果たすために充分な勃起を起こし、その状態を維持することができるようになるのです。

しかしザイデナの効果は、男性のメンタルにも利点があります。

例えば、以下のものを上げることができるでしょう。

  • 性行為ができることによる、男性としてのプライドの保持
  • 性行為が失敗するのではないか、といったプレッシャーの軽減
  • パートナーとの仲をより、親密にする

ED状態は精神的に落ち込みやすく、夫婦関係が破綻する可能性や、自信喪失によってあらゆる気力を無くしてしまう可能性もあります。EDの定義とは「性行為に不満がある状態」あり、プレッシャーが軽減されることで、体の症状改善にもつながります。

こういった効果もまた、ザイデナの作用と言うことができるでしょう。

ザイデナそのものでは、勃起させたり、性欲増進したりといったことはできません。また、体力の増強や精子量を増やすこともできません。その代わり、必要な時に飲むだけでよいため、お財布に優しいものとなっています。

有名なバイアグラやレビトラには、弱点が存在しました。作用時間や効果の出方が人によって変わり、お酒や食事の影響も少なくありません。ザイデナは確実な効果を持ちながら、安全性を高め、これらの弱点を克服しています。

世界中でおこなわれたザイデナの臨床試験

東亜製薬がザイデナを発売してから、10年以上もの時間が経過しました。その間に東亜製薬だけではなく、世界中でザイデナの効果を試す臨床試験が行われてきました。

以下で、ザイデナへの臨床試験で証明された効果や、副作用のデータなどをご紹介します。

まずザイデナの持続時間を説明しましょう。2008年に行われた臨床試験では、ザイデナの血中濃度が最高値を表すのは、服用後48~78分後といった結果が出ました。

また、服用後にどれくらいの時間、勃起サポート作用が得られるかという点については、8~12時間といった結果になっています。勿論、多少個人での違いもありますが、一般的に言われている効果発現時間と持続時間は、概ねこれらの試験結果と変わりありません。

制作元の韓国では、自国人男性対象に、ザイデナの効果および副作用についての試験も行われています。この試験で出た結果とは、副作用として頭痛や顔のほてり、効果としては充分な勃起とその維持ができたというものでした。

1回きりの服用と、定期的な服用が2回に分けて行われましたが、その結果はどちらも同じものです。

発現した副作用は全て軽いもので、心配が必要な重い副作用の報告はありません。

また、ザイデナ服用後によって、性行為の成功率がどれくらいなのかも調べられています。試験は、重度から軽度まで様々なレベルのEDを持つ男性167人を、プラセボ(偽薬)投与群とザイデナ投与群に分け、12週間服用するという形で行われました。

結果は、ザイデナを100mg飲んだ被験者は88.8%、200mgにおいては92.4%もの方が、性行為を行うことができました。それに比べプラセボは、53.4%となっており、ザイデナは確実にEDを改善すると言えるでしょう。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

おすすめ記事一覧

-他のED治療薬

Copyright© レビトラジェネリック通販情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.