有効成分バルデナフィル

バルデナフィルを含むED薬は多種多様

更新日:

バルデナフィルを含むED薬は多種多様

まだ特許期限のあるバルデナフィル製剤のジェネリック医薬品の開発も黙認されてきた理由として、インドにおけるジェネリック医薬品の開発における特許のルールの甘さ、国境なき医師団の慈善的・人道的な活動の一環などがあります。

この流れに乗り、現在までに多くの製薬会社がたくさんのレビトラのジェネリック医薬品を製造販売したため、バイエル製薬もインドにて提訴しました。

その結果2017年、レビトラのジェネリック医薬品のとして高い人気を誇るになりました。この判決が出たことから、この後もバルデナアジャンタファーマ社のバリフに特許権侵害の判決が下り、製造が中止フィル製剤の医薬品は製造を中止する、という判決が多く下りることでしょう。

前述のバリフについては、製造を中止する判決で、販売中止にはなってはおらず、バリフの在庫さえあれば個人輸入で購入は可能になります。

日本において、個人の輸入代行を利用すると、インドネシアやシンガポール、マレーシアなどの海外の仲買人を通すことが多いため、在庫が確保されていれば購入できます。

そのほか、ブリトラ、サビトラなど、バルデナフィル製剤は、製造を中止するようとの判決は下りていないため、まだ在庫切れにはならないだろう、というのが流通業者間での見解と言えます。

バイエル製薬のレビトラ

バイエル製薬の開発したレビトラは、バルデナフィル製剤の先発薬で、このほかのバルデナフィル製剤のED治療薬は、レビトラのジェネリック医薬品になります。

2018年10月末でバルデナフィルは特許が切れるため、2019年に入れば、レビトラのジェネリック医薬品が販売できるのではないか、と言われています。しかし、個人の輸入代行サイトでは、もうレビトラのジェネリック医薬品が購入できるため疑問が湧くのも当然でしょう。

なぜ、すでにレビトラのジェネリック医薬品が購入できるかというと、その多くがインド製のためです。インドでは、特許関係の規制が緩いうえ、発展途上国や紛争の続く地域に安価のジェネリック医薬品が必要になっている事情があり、ED治療薬に関してもメーカーは目をつぶってきました。

しかし、レビトラのジェネリック医薬品の乱立が目に余り、バイエル製薬がアジャンタファーマ社を訴え、インドの最高裁判所にて開発を禁止するとの判決が出ました。そのため、アジャンタファーマ社のレビトラのジェネリック医薬品であるバリフは、今後は購入が難しくなると思われます。

日本国内のレビトラのジェネリック医薬品について

日本においては、どの程度開発が進んでいるのか気になると思います。

ジェネリック医薬品製造会社である東和薬品や沢井製薬、陽進堂富士化学は、すでにバイアグラのジェネリック医薬品を開発販売しており、レビトラについてもジェネリック医薬品を開発するのではないかと言われていますが、確実ではありません。

日本では、ジェネリック医薬品の命名の規則は<主成分の名称+製造者名>となっています。もし、東和製薬で開発されれば、薬品名は<バルデナフィルOD錠10mgトーワ>になるでしょう。

レビトラの形状は、丸型錠剤でオレンジ色、苦味が強い特徴があり、バイアグラのジェネリック医薬品を模してフレーバーで飲みやすくする、またはOD錠にするなど、一工夫されるはずです。

また、海外においては、レビトラのジェネリック医薬品にバイエル製薬のスタキシンOD錠があります。

飲む時に水のいらないOD錠は、唾液で溶かして飲むためバルデナフィルの即効性がさらに高まり、効果発現時間の短縮も可能になるかもと、注目されています。

海外のレビトラのジェネリック医薬品について

レビトラのジェネリック医薬品は、特許の関係があるため、まだ海外でも流通できないはずですが、先発薬メーカーであるバイエル製薬がスタキシンというバルデナフィル製剤のジェネリック医薬品をリリースしており、また、インドの特許規制が緩いことから開発が進み、すでに海外においてはレビトラのジェネリック医薬品は販売されています。

インドにおいて製造されていたバリフは、製造制限を受けましたが、「販売権」は存続中です。また、そのほかのレビトラのジェネリック医薬品は、規制対象外のため、海外では販売されているものも多く見られます。

流通している一部を挙げてみましょう。

  • バリフ/アジャンタ・ファーマ
  • ビリトラ/センチュリ・オン・ラボラトリー
  • ジェビトラ/サンライズ・レメディース
  • サビトラ/サバメディカ社
  • シルビトラ/マクレオーズ社

日本サイトでは、このような医薬品が一般的ですが、ほかにも種類はあります。

中国のメーカーから<バルデナフィルパウダー>が発売されていますが、エビデンスの信頼性が低く、選択肢には入れない方が無難です。

ほかの成分配合のED治療薬

ジェネリックは「後発薬」のことですが、もともとジェネリックという言葉には<一般的な>との意味もあり、その意味のごとく一般社会に広める工夫がおこなわれています。

日本では特許の関係で、まだバルデナフィル製剤のジェネリック医薬品は開発はできませんが、海外においてはいろいろなメーカーからレビトラのジェネリック医薬品がリリースされています。

代表的な薬は、次の通りです。

だ液で溶かすOD錠<フィルムシートもあり>

OD錠とは、水なしで口に入れ、唾液で溶解して飲む薬のことです。シルデナフィル、バルデナフィルは、吸収される時、食事内容に左右されやすく、飲む時間に気を遣いますが、OD錠なら吸収が早いことから、錠剤よりもOD錠の方が合っているとも言われています。

海外においては、レビトラのジェネリック医薬品OD錠は、バイエル製薬のスタキンがあります。

水に溶かす発泡錠

発泡錠とは、水に溶いてから飲む薬のことです。発泡錠は、胃酸に左右されずに吸収されるため吸収率も高く、十分な効果が得られると言われています。

飲みやすい味付けをし苦味を感じないようになっていて、インドのバイアグラのジェネリック医薬品、カマグラにはラインナップにこの発泡錠もあります。

分包されたゼリータイプ

有効成分はゼリー内に内包され、一回量ずつの分包になっています。このタイプは、バイアグラのジェネリック医薬品に多く、フレーバーで風味をつけ、飲みやすく工夫されています。

このようにジェネリック医薬品は、フレーバーの添加や形状の工夫で、飲みやすさにこだわった薬が多くあります。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

おすすめ記事一覧

-有効成分バルデナフィル

Copyright© レビトラジェネリック通販情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.