EDについて

生活習慣や病気、薬はED発症要因になる

更新日:

生活習慣や病気、薬はEDの発症要因になる

EDの発症要因は、持病や生活習慣、薬剤等が大きいと考えられています。

生活習慣の崩れの原因と考えられる、ストレスを溜めたり、運動不足になること、喫煙、限度を超えた飲酒は、EDとなる要因の一つとなります。パートナーとの関係、仕事でのストレスや不安感の高まりから、EDを発症する恐れも少なくありません。

そのほか、喫煙、多過ぎる飲酒は血管の状態の悪化に繋がり、それが勃起不全となることも考えられます。

「動脈硬化」など生活習慣病が招くED

EDの発症要因としては、生活習慣病も挙げられます。典型的な症状は、動脈硬化、糖尿病や高血圧症ですが、血流が悪化することによりED発症に繋がります。

男性器内の海綿体と呼ばれる所に血流が循環することにより勃起が起き、男性器が十分な硬さとなります。しかし、生活習慣病は、その正常な流れの勃起を妨げる危険があります。

また、日常的に服薬している薬も、EDを引き起こす要因になる可能性もあります。治療のための服薬が、健康を損なう可能性も考えられ、それが原因のEDは医薬品の副作用が要因であり薬剤EDとも言われています。

生活習慣や疾病、薬剤は、ED発症の要因とされています。ストレスを発散できない、日常的な服薬をやめられない等、些細な出来事であったとしても、毎日の生活の中でそれが累積することで、EDの発症を高める要因の一つとなります。

性的趣向や嗜好もED発症の危険因子になる

現在の社会生活の中で、EDの発症を高める可能性の高い危険因子が数多く存在します。その危険因子とは、性的趣向やテクノ依存症と考えられています。

性的趣向や嗜好から考えられる要因とは、男性の好み、こだわりの種類が多岐にわたるということです。

例を挙げると、現在数多くのAVビデオや動画を簡単に視聴可能なため、女性に関心はあっても、現実世界で性行為を行うことが面倒だと思うことがあります。また、その面倒を惜しんでまで、性行為をしようとする男性が減少していることが考えられます。

さらに、そういった動画は刺激が強いため、現実に女性と行なってみると十分ではないと感じるようになり、それがED発症の要因にも繋がっていきます。

もう一つの危険因子とされていることが、テクノ依存症となります。

近年のスマホの広がりは著しく、もはやインターネットが繋がらないと生活が難しくなるほどです。そのため、スマホやPCのような電子機器に依存しやすくなっています。

他者との繋がりが減ってしまい、次第に他人とのやりとりを行うことが困難になるリスクを抱えているのがテクノ依存症です。

EDの危険因子は、複雑化している現代社会の中で増加を辿っていきます。そのような状況に陥らないように、趣味はほどほどにしていきましょう。

EDと併発しやすい病気「糖尿病」「高血圧症」

糖尿病は生活習慣病の一つであり、EDと併せて起こりやすい疾病となります。

健康的な男性と比較して約2〜3倍の確率で、糖尿病を患う人は併発リスクが高いとされています。その原因は、血糖値の数値となります。

血糖値が上昇すると、血液の循環が悪化し、神経伝達物質も滞ることが見られます。血管と神経伝達物質が悪化すると、EDの発症が起こります。

そのため、糖尿病とは非常に大きな関係があります。しかし、EDの症状を早い段階で気付くことができれば、糖尿病を防ぐことにも繋がります。

他にEDと大きな関連がある疾病として、うつ病、早漏症、高血圧症等があります。

挿入後、早い段階で射精してしまうことを早漏症と言います。EDを発症している中で、この症状がある人は多数存在します。早漏症は、EDとは関係がないように見られがちですが、射精障害の内の一つとされています。

そのほか、高血圧症は血流が悪化するため、EDを引き起こしやすいとされています。

勃起を起こすためには、男性器内の海綿体への良好な血液循環が必要ですが、高血圧症は血管に負荷が掛かるので、その結果血液の循環が悪化します。そのため、海綿体への血流が悪くなり、ED発症を引き起こします。

その上、ストレスや不安感など精神状態の影響を、男性器は大きく受けるので、精神疾患との関係も大きいものとなります。

早期発見、および対策はこれらの病気を早期改善することも可能になりますので、自分の性生活に疑問を覚えたら、すぐに調べるようにしましょう。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

おすすめ記事一覧

-EDについて

Copyright© レビトラジェネリック通販情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.